新着Pick
311Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メディアでは「創業家の乱」となっている。歴史には幾度も「乱」があった。経営は単純ではない。が、経営陣も創業家もそれぞれの大義と出口を示さないといけない。離脱を煽るだけ煽って、逃げてしまった英国人もいる。先日、ニュースイッチで石油業界の分析力で定評のある東京理科大学大学院・橘川武郎教授のインタビューを掲載した。その中では、出光興産と昭和シェル石油の合併メリットなどについて示唆に富む指摘がある。再編集して公開。
エネルギー系に関しては記事に出ている橘川先生の論考がファクトに基づいて一番中立。あとは併せてWatsonさん(橘川先生について知ったのも、Watsonさんの①でのコメントだった)。本合併に関しても、早くからサウジ・イラン関係を指摘されていた。
https://newspicks.com/news/1064810?ref=user_132865
https://newspicks.com/news/1521616
https://newspicks.com/news/1523878
https://newspicks.com/news/1562889
国内の市場の覇権という単純な浅い視点でしか捉えられていなかったので、改めてこのM&Aを理解するという意味で大変勉強になりました。
合併メリットをきちんと説明する記事ってあまり無い。勉強になります。
合併をめぐり経営陣と創業家が対立。歴史や文化が違う会社が合併。昭和シェルがダメなら創業家は対案を出すべきです。二期連続赤字の出光の純資産倍率は0.6倍。単独では生き残れない可能性を暗示しています。深くて良い記事ですのでシェアさせて頂きます。
中流は聞いたことがないな。
アップストリームとダウンストリームならあるけど、石油精製はダウンストリームでしょ。
日本でアッブストリームを解説できる人はほとんどいないから、経済的な観点からは本件、よくわからないと思う。
大変詳しく示唆に富む記事。
昭和シェル石油株式会社(しょうわシェルせきゆ)とは、2020年まで存在した日本の石油元売企業である。2016年12月18日まではオランダに本拠を置くロイヤル・ダッチ・シェル傘下のシェル・ペトロリアム (The Shell Petroleum Company Limited) が筆頭株主であった。 ウィキペディア

業績

出光興産株式会社(いでみつこうさん、英称:Idemitsu Kosan Co.,Ltd.)は、石油類の精製・販売などを行っている日本の企業である。創業者は出光佐三。通称は「IDEMITSU」または「出光」。 ウィキペディア
時価総額
6,687 億円

業績