【小松美羽】“共鳴”しない作品は、誰の心にも届かない

2016/5/7
異才の思考」第7弾には、現代アーティスト・小松美羽氏が登場する。小松氏は2015年10月、当時30歳で「天地の守護獣」が大英博物館に永久所蔵されたことが話題を呼ぶなど、国内外で活躍。今注目を集めている画家の一人だ。
一見グロテスクな印象も与えるその作風は、人間にとって普遍的な“死生観”をテーマにしている。なぜそうしたテーマを選んだのか、またその作品で伝えたいメッセージとは。
「天地の守護獣」
死を描くことは、希望
──はじめに、画家を目指すようになってきたきっかけから教えてください。
子どもの頃から、「絶対、画家になるために生まれてきたんだ」と思い込んでいたんです。なぜかそれを宿命のように感じていました。
私は長野県出身なのですが、実は美術館や博物館がすごく多いんです。母がよく美術館に連れていってくれる環境で育ったこともあり、作品が展示されることを「カッコいいな」と思うようになりました。小さいときに、「私も作品が飾られる画家になるんだ」とノートに書いています。本当に、勘違いだけで突き進んできた感じです。