受験サプリ、海外進出の切り札は買収。英国発スタートアップの実力

2015/7/4
国内で破竹の勢いで拡大を続ける受験サプリ、次なる目標は海外進出だ。その戦略の中核を担うであろう企業買収が明らかになった。それがロンドンに拠点を置く「Quipper(クイッパー)」だ。受験サプリと同様、eラーニングサービスを手がけている。
このクイッパー、2010年創業のスタートアップながら早くも多国に展開、新興国を中心に知名度を上げている。率いるのは渡辺雅之、かつてはマッキンゼーに在籍し南場智子がリーダーを務める「プロジェクト南場」の常連として名をはせた。その後、南場の右腕としてともにディー・エヌ・エー(DeNA)を創業した歴戦の起業家である。
とてつもない経歴ながらエリート臭は感じない。発する言葉には、コンサル出身のロジカルな思考と教育者の熱意が同居する。
渡辺は山口文洋との出会いをこう振り返る。
「実は、教育と一口に言っても、やり方や捉え方は結構バラバラで、細分化されています。いわゆる“宗派”みたいなものがあるんです。でも、山口さんと最初に10分話しただけで、教育の価値観について誰よりも気が合いました」
気になるのは、両社のタッグの今後だ。だが、「海外展開を見据え、重点国を検討している段階。すべてはこれからですよ」と微笑みながら、さらりと交わされてしまった。だが、受験サプリが海外展開を発表したこのタイミングでのこの買収、海外進出への足固めは着実と見てよさそうだ。
サービス開始から1年半で130万ユーザー、クイッパーの逆転の発想力
クイッパーのサービスは、受験サプリと類似している。すなわちモバイル向けのeラーニングプラットフォームだ。ログインした生徒は、単元ごとの選択肢や並び替え形式などオリジナルのテストに解答していく。すでに問題数は30万問に達し、生徒からの解答回数は3億回に届く勢いである。
加えて、刮目すべきはその海外展開の早さだ。サービス開始から1年半でメキシコ、インドネシア、トルコなど新興国を中心に9カ国でサービスを展開。現地の政府との連携も進み、フィリピンとインドネシアの2国だけで、登録教師13万人、登録生徒130万人とトップシェアを獲得している。
今やフィリピンでは「宿題をやってきた?」と聞く代わりに「クイッパーやってきた?」と言うほどに浸透しているという。
Quipperを使用するインドネシアの学校の様子。
確かに実際に利用すると、ユニークな仕掛けが多い。問題を進めるにつれ、コインが貯まる仕組みになっていたり、進捗(しんちょく)がグラフで表示され達成度がわかるようになっていたり──。
だが、それだけではよくあるeラーニングサービスの延長線でしかない。高い定着率の秘訣はわからなかった。
いかにして生徒に使い続けてもらうか──。これは、すべてのeラーニングサービスの永遠の課題だ。本連載の登場人物たちも同様に頭を悩ませ続けてきたポイントである。
だが、渡辺はこの課題を意外な方法でクリアしてみせた。