ビッグデータが明らかにした、“落ちこぼれゼロ”のカリキュラム

2015/7/3
受験サプリに加入するメンバーは多岐にわたる。出版業界から加入した佐渡島庸平に次いで、意外な人物が加わる。それが5人目のイノベーター、松尾豊・東京大学准教授だ。松尾の加入によって、受験サプリに「テクノロジー」という強力な武器が加わる。
AKB48に興味を持った人は最初に誰のファンになり、その後どのメンバーに移っていく傾向があるか、ご存じだろうか。
この問いに真正面から答えを出した研究者がいる。東京大学准教授の松尾豊。日本における人工知能・ビッグデータ解析の第一人者だ。
今まで登場してきた関や藤原、佐渡島らとは異なり、松尾自身は受験サプリの講義に出演することはない。いわば裏方だ。だが、その研究は、文部科学省の定めた教育課程を一変させるほどの潜在力を秘めている。
「おそらく、この研究が完成すれば、勉強につまずくことが減り、努力がきちんと報われるようになる。さらに言えば、理系や文系、科目といった区別までも消滅するかもしれません」。研究開始から約3年、28万人にも及ぶユーザーの膨大な行動データを分析して導き出した答えだ。
それにしても「科目の区別までもが消滅する」とは大胆な言葉だ。一体どのような真意があるのか。少しずつ分解していこう。
ビッグデータ解析で勉強は「一直線」から「ネットワーク」型に
従来、学問は「一直線」だと思われていた。基礎的な知識を習得し演習を経て、次の単元へと移る。数学で言えば、プラスとマイナスという概念が登場し、因数分解を学び、次に1次関数から2次関数を学んでいく。そして三角関数、微分積分へと、より高度な領域へと進む。
だが、松尾はこうした「一直線」的な勉強に潜む問題点を指摘する。
「たとえば微分積分でつまずいたとしましょう。すると、『これは何か理解が不十分な箇所があるに違いない』と思って、直前の単元に戻ろうとしませんか? 実はこれが問題なのです」
今つまずいているポイントを克服するために、まずは直前の単元に戻る──。一見すると、理想的とも思える勉強法だが、その発想が数学で脱落者を生んできた最大の要因であるという。
「数学は勉強が進むにつれ、以前学んだ複数の概念を組み合わせて高度化させていく学問なのです。それがネットワーク的につながっています。でも、今の文科省が定めたカリキュラムは、単元が『直線的に』並べられています。時には、直前の単元に戻ることが無意味なこともあります」
確かに数学の教科書のページを前へ前へとめくっていくうちに、気づいたら何がわからないのかさえ、わからなくなっている。そんな経験があるだろう。
そこで、松尾が生み出したのが「一直線」に対して、「ネットワーク」化されたカリキュラムである。一直線上に配置されたバラバラの単元をすべて、分解し、ネットワーク化した。こうすることで、「“ある単元”の理解不十分は“別の単元”の苦手を誘発する可能性がある」という単元ごとの「依存関係」を導き出した。
数学の各単元の依存関係をマッピング。拡大図は以下。
松尾研究室の研究成果に基づいて、具体例を挙げよう。