敏腕マンガ編集者が壊す“遊びと学びの境界線”

2015/7/2
受験サプリに集うイノベーターは教育界からだけではない。出版業界から参加しているのが、コルク代表・佐渡島庸平だ。かつては講談社の漫画編集者として『ドラゴン桜』や『宇宙兄弟』を世に送り出した敏腕編集者である。現在、受験サプリ内で「より勉強に興味を持ってもらうための」仕掛けつくりを行っている。佐渡島が手がけたカリキュラムは「未来の教育」講座、受験とは直接関係ない科目だ。
『インベスターZ』を無料で受験サプリに
そもそも、なぜマンガ編集者である佐渡島が受験サプリに加入したのか。実はリクルートマーケティングパートナーズ社長、山口文洋との出会いはサービス開始前にさかのぼる。佐渡島が雑誌「モーニング」の編集者だったときのことだ。
「もともと、受験サプリが始まるのは事前にうわさで聞いていました。だったら僕が編集していた『ドラゴン桜』と相性がいいんじゃないか、と思ってユーザーには全巻無料で読めるようにしないかと、受験サプリに提案にいきました」
今でこそ、よく目にするマンガ全巻購読のサービスだが、当時、出版社はコンテンツを無料開放することに対して消極的だった。加えて、受験サプリのユーザーとドラゴン桜の読者は重なる。これでは紙の単行本は売れなくなってしまう──。当然、全巻無料という取り組みはためらわれたはずだ。
だが、「コンテンツというのは、ただマネタイズを考えればいいわけじゃない。もちろん、無料で垂れ流せばいいというわけでもない。正しいタイミングで、正しい層にちゃんと届けないと長く愛される作品にはなりません」と指摘する。
最初は編集者として「いかにして作品を広めていくか」という思考で受験サプリに関わっていた佐渡島、あくまでコンテンツを提供する“単発”での関わりにすぎなかった。
 
「佐渡島君以外いない!」藤原和博の一言がきっかけ
だが、それから4年後の2014年、本格的に佐渡島の編集者としてのスキルが求められるようになる。当時の受験サプリはカリスマ英語講師の関正生が加わり、公教育のトップランナーである藤原和博の提言でリベラルアーツのカリキュラムが導入された頃である。
コンテンツは充実していたが、1つの課題が生まれていた。それは「どうやって生徒の興味を引き続けるか」ということだ。
いくらカリキュラムが充実していても、生徒が飽きてしまっては意味がない。いかに生徒のモチベーションを維持するか、模索が続いていた。そこで藤原の「やっぱりプロの編集者が必要だ。佐渡島君以外いない!」という一言で再び佐渡島が加入することになる。
当時の受験サプリが抱えていた課題を佐渡島は次のように指摘する。