新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ランクルは国内よりも世界の需要が圧倒的に多く、他車と比較するのは少々難ありです。が、いずれにしても納期が全般に延びているのは事実です。

ユーザーは自分の代替えタイミングを見ながらクルマ選びをするので、納期が半年も超えてくると、納期の短い車種に需要が向かう可能性はあります。

ディーラーの経営にも影響しますし、中古車需要も増すと思います。実際、中古車、中でも高年式車の価格は上がっています。

メーカーの業績にも影を落としそうです。
人気 Picker
納期一年はモデルによる。メーカーとしては楽観的な見込みより最悪の場合を伝えるほうが、顧客との契約・期待値を履行できない状態より買えない不満のほうがまだ対処しやすい現実があろう。
とはいえ、それは商機を逸することとの表裏一体。それでもこういう期待値設定をしないといけないほど深刻ということ。

最近になって一気にこういった報道が出てきているのは、半導体不足の根本課題が解消されていないということ。
下記でコメントしたが、半導体は生産開始から納入まで数か月かかる。なので昨年末くらいからの需要不足について、そこから逐次でキャパ確保・生産がされていれば解消したり悪化はしないタイミング。
それを各社は期待したり、政財界協力して供給を確保しようとしてきた。だから短期的な減産で年後半には回復といった見通しだった。そうなっていないのは、結局自動車用半導体の生産が、そもそも半導体需要が様々なところで活発な中でキャパが取れなかったり、古い装置を使うことが多く、この好況の中で装置メーカーもそれをいまから作るには限度があったりなど、様々な要因が重なっているのだと思う。
そして、こういう状況が続くと「何が何でも確保しろ」とサプライチェーンのいたるところで多重発注が部品でも装置でもうまれ、供給パワーができるころには在庫がダブつき、というのが過去のシリコンサイクル。
サプライチェーンでの在庫把握など、情報技術も使って昔より改善しているのではないかと思うが、最後に発注などをするのは人間。ここ久しく大きいシリコンサイクル来ていないが、どうなるだろうか?
https://newspicks.com/news/6198385
これまで半導体を他の部品と同じように下請けに在庫を持たせ、買い叩いてきたツケ。部品メーカーを下に見てきたOEMの怠慢が一気に来ているだけなので、半導体不足の影響が大きくてもあまり同情できない。
https://www.honda.co.jp/info/20210825.html
納期一年を超えるのは色選択による特殊なケース。殆どのモデルは1-3か月、3-5か月かかるのが人気のヴェゼルとN-Box。
車種自体の人気というのも当然ありますが、納期が1年以上に延びているものが増えてきています。新型ランクルは発売当初から1年以上だったものがすでに2年以上となっているようです。メルセデスのGクラスもそうですが、SUVでこのクラスの人気が非常に高いことも影響しています。
事故なんかですぐに新車が必要な人もいるし、車検のタイミングでなんて思ってた人は一年かかるならもう1ターム我慢なんてこともあるでしょう。
すぐに手に入る中古車に注目がいってもおかしくないですね。
ディーラーはキツいですね。
車検時期による代替提案できないと、ならいいやって購入諦める方沢山出ますから。
》消費者に新車が届かない事態になっている。

中古車市場がさらに活況になりそうです。
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
6.11 兆円

業績