SPD2DKVNQCBBEMT6

本田技研工業 株式会社

国内大手自動車メーカー。創業は二輪車でアジア太平洋を中心に世界トップシェア。ヒューマノイドロボットASIMOやホンダジェットなどの航空機も手掛ける。2040年までに脱エンジンを目指す。
売上高(百万円) 20,428,802
期末従業員数
197,039
本社住所 東京都港区南青山2-1-1
電話番号 03-3423-1111
詳細を見る
代表者
取締役代表執行役社長 三部敏宏
設立年月日
1948-09
従業員数
197,039 人
上場年月日
1957-12-02
平均年齢
44 歳
平均年収
8,221,000 円
主要取引市場
東証プライム
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
67Picks
【思考法】なぜ「1冊」の本が「1枚」にまとまるのか? - 見るだけ読書
Diamond Online
|
新刊『ひと目でわかる! 見るだけ読書』から一部抜粋。「忙しすぎて本を読む時間がない」「1冊読み切るのに時間がかかる」「読んでも読んでも身につかない」――そんな悩みを抱えているビジネスパーソンは少なくありません。本を読めばいいことはわかっているのに、自主的に読めない人もいるでしょう。何の本をどう読み、どう活かしていくか――働くうえで必携のビジネススキルを良書から抜き出したのが『ひと目でわかる!...
236Picks
車大手3社、ソフトの連携検討 トヨタ・ホンダ・日産で共通化
共同通信
|
トヨタ自動車とホンダ、日産自動車の3社が、車載用のソフトウエア分野で連携を検討していることが16日、...
183Picks
「EVシフト確信」、ホンダが電動化などに10兆円投資-10年で
Bloomberg
|
電気自動車(EV)の失速が指摘される中、ホンダは16日、EVに向けた取り組みをさらに強化させることを発表した。「EVシフトを確信」しているとし、電池生産や製造コスト削減などを進め、2030年度までの電動化やソフトウェアなど成長領域への資源投入の累計は10兆円を見込む。
1551Picks
【全貌理解】自動車産業に激震、今、何が起きているのか
NewsPicks編集部
|
中国発のEVが猛威を奮っている。タイなど東南アジアにも攻勢をかけ、方やアメリカではIRA法と規制が急進。ハイブリッドを強みにしてきたトヨタやホンダ、日産などの自動車産業は生き残れるのか。SDVな...
183Picks
ホンダが中国で希望退職募集、生産能力適正化へ中長期的取り組み
Bloomberg
|
ホンダは15日、中国において電動化を進める中で生産能力適正化のための中長期的な取り組みとして現地で希望退職を募集していることを明らかにした。
59Picks
軽自動車、20年で6割値上がり 初の平均160万円台が視野
共同通信
|
軽自動車の平均価格が約20年前の2004年に比べ、約6割上昇したことが18日、総務省の小売物価統計調...
495Picks
天下一品のロゴ、ホンダ車が「進入禁止」と再び誤認識
自動運転ラボ
|
ホンダのADAS「Honda SENSING(ホンダセンシング)」による「天一騒動」が再燃しているようだ。ホンダセンシングが、ラーメンチェーン「天下一品」の企業ロゴを「車両進入禁止」の道路標識に誤認識してしまう案件だが、 […] The post 天下一品のロゴ、ホンダ車が「進入禁止」と再び誤認識 first appeared on 自動運転ラボ.
14Picks
ソフトウエアで性能更新の次世代車「SDV」、日本勢で世界シェア3割目標 政府が新戦略
産経ニュース
|
政府は20日、ソフトウエアの書き換えで性能を更新できる次世代車「SDV」について、2030年の世界販売で日本勢としてシェア3割を目指す方針を明らかにした。国内の自動車産業は日本経済を支える屋台骨だが、最近は車のデジタル化が進む中で中国や米国が先行。オールジャパンでSDVの開発を急ぎ、生き残りを図る。
38Picks
自動車メーカー各社 今年度の研究開発費積み増しを明らかに
NHKニュース
|
【NHK】日本の自動車メーカー各社が今年度の研究開発費を積み増す計画を相次いで明らかにしました。世界的な開発競争が加速するEV=電…
80Picks
「日本車王国」崩壊のタイで中国EVが急拡大!「急速充電可で230万円」激安モデルに「超高性能」スポーツカーも - それって本当?クルマの「当たり前」
Diamond Online
|
タイは「日本車王国」というイメージが根強い国でした。しかし、それも今は昔。最近のタイでは、必ずしも日本車が大人気というわけではありません。その代わりに、政府の優遇策の効果もあって「中国ブランドのEV」が急速に普及しています。その実態をお届けするべく、バンコク国際モーターショーで展示されていた中国EVの中から要注目モデルを紹介します。中には「急速充電可で230万円」の激安モデルや、わずか1.9...
935Picks
【野中郁次郎】誰も新たな「日本的経営」創造の担い手たれ
NewsPicks編集部
|
日本的経営(JTC)の最盛期をSECI理論として経営モデル化したの田舎郁次郎一橋大学名誉教授が登場。ホンダやマイクロソフトなどの例や、スクラム開発を使い、DXや人的資本経営ではない本質的な知識創...
595Picks
【今こそ学ぶ】最新電池を5つのポイントで整理してみた
NewsPicks編集部
|
トヨタ自動車やテスラ、ホンダ、日産などが全力を注ぐ車載リチウムイオン電池・リチウムイオンバッテリー。出光と組んで次世代の全固体電池の実用化が迫る中、航続距離や安全性、充電時間・充電速度、そして耐...
573Picks
ホンダ、26年に無人タクシー 東京都心、米GMと共同で
共同通信
|
ホンダは19日、自動運転車両を使った無人タクシー事業を2026年初頭に東京都心で始めると発表した。米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)と、新会社を立ち上げて共同で実施する。配車から支払いまでをスマートフォンアプリで完結できるようにする。
1439Picks
孫正義が叫んだあのひと言から、日本は変わった
Forbes JAPAN
|
本田宗一郎、盛田昭夫、堤清二、豊田章男──。名経営者たちの奮い立つ言葉なくして「経済大国」日本は生まれなかった。彼らは何と闘ったのか。そして、日本人の心に刺さったメッセージは、時代とともにどう変わっていったのか。ノンフィクション作家の児玉博・・・
286Picks
ソニー・ホンダ、MSと提携 EVに対話型AI活用へ
共同通信
|
ソニーとホンダの共同出資会社ソニー・ホンダモビリティ(東京)は8日、米マイクロソフト(MS)と生成人工知能(AI)を活用した対話型サービスの開発で提携したと発表した。
495Picks
日産、ホンダとの協業検討を開始=報道
Reuters
|
[東京 13日 ロイター] - 日産自動車がホンダとの協業に向けて検討に入った。テレビ東京が13日、関係者の話として報じた。一方、日本経済新聞は日産がホンダと電気自動車(EV)関連事業での協業を検討していると報じた。
278Picks
ホンダが次世代EV「ホンダ0シリーズ」を発表 2026年よりグローバルに市場投入
webCG
|
ホンダが「CES 2024」で、新世代EV「ホンダ0(ゼロ)シリーズ」を発表。低床のEVプラットフォームと独自開発のソフトウエアで、「薄い、軽い、賢い」という新しいEV像を提案するというもので、2026年以降、北米を皮切りにグローバルに市場投入するとしている。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ