新着Pick
109Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現行法では各自治体が条例で定める環境アセスメントをクリアできないとヘリポートを設置できない.マルチコプタの低騒音化は真剣に取り組まないといけないが,ヘリコプタに比べると騒音は小さい感じがする(それがeVTOLの特徴として挙げられますが).
ヘリコプタの騒音源はメインロータ,テイルロータ,エンジン,トランスミッション.このうち,マルチコプタタイプのeVTOLはテイルロータ,エンジン,トランスミッションがそもそもないので,主な騒音源はメインロータ(プロペラ)のみ.
メインロータの騒音源は回転騒音と渦騒音と,回転翼であるための2次的な要因からなる.
回転騒音はロータ面の上下に存在する圧力変動で生じる.渦騒音は後流渦による圧力変動で発生.これら騒音は回転数の2~3乗で比例すると言われ,簡易的な解析では見積もりが難しい.そもそも揚力の副産物として生じるので,減少はできるがゼロにするのは不可能.
一方,2次的な騒音として代表的なのはBlade Vortex Interaction(BVI)と呼ばれるもの.ヘリコプタの騒音というと「バタバタバタ」という音を想像すると思いますが,これです.これは先行するブレードが発生させた翼端渦と後続のブレードが干渉して激しい圧力変動を生じることによる.とくに特定の飛行方式で騒音がうるさくなる傾向がある.
以下は昔の私の研究.
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400008384.pdf
マルチコプタは柔軟なブレードではなくて剛なプロペラになり,サイズが小さく分散化,回転数が大きくて後流の流速も増加したこともありBVIは生じなくなったと思う.
そんなように,マルチコプタはヘリコプタに比べて騒音源が減っているので,同規模のヘリコプタと比較して静かだと思う.
パートナーのトヨタ自動車は本気でこの事業に取り組んでいる。特に、生産面では多大なサポートをJobyに提供することになりそうだ。

「騒音は極めて低く抑えられており、離着陸時でも、100m離れた地点では65デシベル未満」ということで、想像以上に静寂性があるようだ。ただ、65デシベルはそれなりにうるさいのであるが。。
ヘリコプターと比べて音が小さいのは、複数のモーターで小型の羽を回すため。ヘリコプターは1個か2個のローターで、長い羽根を回す。そして発生する騒音は低周波で、低周波は遠くまで響く(ドラムの音をイメージしてほしい)。あとはエンジンも同様。
それに対してeVTOL(空飛ぶクルマ)は羽が短く、高速回転して、発生する音が高周波。高周波は遠くまで響きにくい(減衰しやすい)。あとはモーターもエンジンに比べて高音。
これらが背景で騒音被害については、都市部利用でヘリコプターより向いている(ただ電池は重く、電池を電池で運ぶような状態をどうするか…)。
なお、前からコメントしているがJobyの上場資料はとても残念なものだった。投資時にはSPAC上場前提ではないと思うが、SPAC上場の際の信用補完的に使われているような気がして、嫌の予感がしている(下記のGMのLordstown Motorsのケースも同様)。
https://newspicks.com/news/5700651
感動しました。

まだまだ力づくで飛んでる感じが伝わってきますが、進歩と共に今後は グライダーの様に空中を滑空する様に改善されるのかと、期待してしまいました。

クルマのトルクコンバーターの発想から
グラビティコンバーターのアプローチで
エコなグライダーが スイスイ空を滑る。

複数の空飛ぶクルマが連携して、グラビティ(浮力)コントロールの場を創り、渡鳥の様に省エネで滑空できるモードを兼ね備えた 夢の移動手段。

または、降りるクルマの位置エネルギーを 自他のクルマ浮上に活用する連携システム。

永久機関に少しでも近づこうとチャレンジを重ねる 究極のエコへの志が、広い空にも広がります様に。
未来から想定すると個人的には、自動航行、障害物の認識とGPSの立体化(空と高層ビルといった空間)、有事の際の保険の適用と新しい保険商品そのものの確率と流通、そして何よりも制空域と制限高度のインフラ確立(すでに各省庁で協議中もしくは済み)、そして試験飛行をどんどん(個人的には是非東北の地で)重ねて人類の新しいモビリティを日本から世界に向けて戦って勝ち抜いて頂きたいです。みんなそれぞれで応援しませんか。
「空飛ぶタクシー」の正体がマルチコプターであることが、これぁら、どんどん浮き彫りになると思います。

航空業界と、自動車業界の間にあるようにみえますが、実際には、双方からの距離には相当な違いがありますよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
空も渋滞する日は近いのか。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
33.0 兆円

業績