新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ベトナムはコロナ禍のなかでもプラス成長が予想されている1億人市場。3次ベトナムブームは、日本と韓国の投資が続くことで粘り強く続いていると言って良いでしょう。また、1月には5年に一度の共産党大会が予定されており、トップ人事も発表されます。加えて、現在、南シナ海では中国とASEAN諸国の間での緊張関係が高まっているなか、ベトナムがどう動くかは南シナ海における領有権紛争にも影響があります。

このタイミングで首脳会談を行うことは、日本からの対越投資やODA等による協力の円滑化、次のトップとの関係構築を見据え、かつ、南シナ海での対中けん制という意義があります。

南シナ海情勢は日本のシーレーンでエネルギー安全保障上、極めて重要な意味があります。中国は、南シナ海はほぼまるごと自国のものと主張し、それに対して領有権の主張がオーバーラップしているベトナム、マレーシア、フィリピン、ブルネイが反発している構造です。インドネシアはナトゥナ諸島からのEEZで中国との争いがあり、大国インドネシアも強い関心を示して、日本やASEANでの働きかけを続けています。

日本とASEANの関係は、日本から各国国別の二国間関係を構築しつつ、国際会議体としてのASEANとの関係構築という2本出てで見ていく必要があります。そのなかにおいて、ここ数年、ベトナムは国力の向上と日本からの投資増加を背景に、重要性が特に高まっていると言える局面です。

2016年のものですが、中長期的には参考として頂ける内容で下記書きました。

「活況のベトナム経済、変貌する社会主義国家」(ベトナムカントリーリポート無料予告編)
https://newspicks.com/news/1466942
菅外交とはこういうものだ、というような強い外交メッセージのようなものは、今のところは感じられないですね。臨時国会が26日に召集されますので、そこでの所信表明演説でどう打ち出すのか。もちろん、内政ももろもろ注目です。
安倍さんも首相になってからまずベトナムを訪問した。
インド洋太平洋戦略を講じて中国包囲網を構築していくお考えもあるようだが、2018年以降、別に中国を包囲するための戦略ではないと安倍さんは中国で話したそうだ。
もう一回インド洋太平洋戦略を確認し、きちんと中国を包囲していくという行動はとくに菅さんの外交からはっきり見たわけではない。
「インド太平洋」という表現に、先日行われた日米印豪の外相会談と重なる「地域」の意識が見て取れる。
ベトナムは年齢構成が若く、勤勉で、継続的な経済成長が期待できます。
歴史的に反中国の国民性もあるので、中国包囲網的にも意味ありますね。
菅首相、ベトナム首相と会談
「自由で開かれたインド太平洋」で連携確認へ
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20201019-OYT1T50106/

東シナ海や南シナ海などで進出を強める中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向けた連携を確認する見通し

ベトナムは南シナ海で中国と領有権を争っている

両首脳は同構想の推進を通じて地域での影響力を強める中国を牽制する