新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
環境規制が、自動車メーカーのEVの後押しになっている。でも、自動車メーカーが電池の供給先の多様化に動くのは、供給力が十分じゃないから。供給力を上げるためには、独占的な技術より汎用的な技術のほうが重要だったりする。つまり電池の規格化やコモディティ化を後押しする構造もあるということ。
あと、環境規制という点で、HVが含まれるかは、各国の産業政策と環境政策の現実のジレンマがある。が、電池使用量が低く実質的な二酸化炭素の排出をかなり下げられる現実解としてはHV一択というのがファクトとしてある。
①のトヨタイムズに2017年の欧州でのCO2規制対応で、車重とCO2の散布図で、一種トヨタが異常値にあるのが分かる(車重で一番軽いわけではないのに、単位距離当たりの排出量は一番少ない)。この図は、前からMani Gさんなどが注目されていて(②)、2018年版は③にある。そろそろ季節的には2019年版が出る頃…
https://toyotatimes.jp/insidetoyota/018.html
https://newspicks.com/news/2348478
https://theicct.org/publications/CO2-emissions-PVs-Europe-2018
まず、Teslaを正しく理解することが大事です。Teslaは「EV(クルマ)」を売っている企業でなく「バッテリー」と「ワクワク体験」を売っている企業です。

ですから「新型EVで挑む」ということを言っている時点で、Teslaを理解できていないことを示しています。

Teslaにとって「EV(クルマ)」は、顧客に「ワクワク体験」を提供するための「媒体(メディア)」なのです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ペナルティが発生する欧米市場ては、バッテリーEVはマストになってきました。加えて中国や日本でもBEVのラインナップ強化は製品の競争力強化を図る上でやらざるを得ない取り組みです。BEVの普及は案外早いかもしれませんね。
どのメーカーもテスラの追随を目指してる訳ではないでしょうが。

今後も当面内燃機関がなくなる訳ではないが、気になるのはドイツ陣が新規内燃機関開発をやめそうな感じな事。BMWでさえも。この辺り今後コンサル任せにするんでしょうけど。

対して、日本のメーカーはホンダ以外、ピンで内燃機関開発を続けている。
私はココが今後アドバンテージになるんじゃないかと期待してます。

日産に関しては体力が心配ですが、可変圧縮比エンジンなど今後とも新しい内燃機関技術の研究を続けて欲しい。
EV市場におけるテスラのシェアは25%。今後自動車市場の3割がEVになるとテスラの販売台数は800万台(≒トヨタ)になる…
まあ、そんなに簡単にはいくとは思えませんが、早晩年間100万台の量販メーカーになるでしょうね。設立20年の会社としてはやはりすごいと思います。

テスラの課題は「アフターイーロン・マスク」でしょう。アップルにおけるスティーブ・ジョブス以上にテスラ=イーロン・マスクです。彼はまだまだ若いので当分は大丈夫でしょうが、そろそろ後継者も見つけておかないといけません。
EVは充電が足かせになるので遠出をしないローカルの営業車とか、2台目としてとしてとかのほうが考えやすいと思います。そう考えると、日本では営業車やモビリティサービスの他に田舎の軽自動車市場に食い込むほうが良いのかもしれません(素人考えです)。

パナソニックが1,2年前のCESで、電動バイクにおいて充電するのではなくステーションで充電された電池パックごと変えるというコンセプトを提案していて賢いなぁ、と思いました。自動車のバッテリーだとおもすぎて流石にそれはなしでしょうか。
何故、10年間でリーフしか出せなかったのだろう。
充電器の普及、業績、リーフに集中などはありそうですが、長期間リーフ以外の選択肢が無かったのが今に響いている気もします。
トヨタのハイブリッドみたいに、早い段階でラインナップを増やすことは出来なかったのかな。リスク取ってアクセル踏むのは難しいと思いますが。
自動車と捉えるか、デバイスと捉えるか、でビジネスモデルが変わってくるような気がします。日本企業は前者、テスラは後者なのでは?
テスラを追いかけてどこに行くの
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.64 兆円

業績

マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
3,905 億円

業績

時価総額
42.3 兆円

業績

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
4.67 兆円

業績