新着Pick
177Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
難しいのは新しいビジネスだけでなく、新しい考えを人に伝えるのも同じことです。「Amazonのレビューとか、カカクコムの食べログみたいなもの」とまさに指摘されているように、アナロジーというか比喩をうまく使うことが重要と思います。
アイスタイルの社長兼CEO・吉松徹郎さんの連載第6回です。
ーーー
化粧品クチコミサイト「@cosme(アットコスメ)」を日本最大のコスメ・美容の総合サイトに進化させ、EC事業、実店舗のほか、SaaS型のマーケティング支援サービスなどを展開するアイスタイル。

1999年7月の創業以来、生活者情報を一気通貫して分析できる独自のデータベースを構築し、ユーザーとメーカーをつなぐことで、「生活者中心の市場創造」を目指してきた。

ITバブルの崩壊や現在のコロナショックに直面しても、そのビジョンは揺らがない。インターネット黎明期から業界の常識にとらわれることなく、果敢に変革に挑んできた創業者・吉松徹郎氏に、「マーケットデザインカンパニー」を掲げ続ける経営哲学を聞いた。(全7回)

■第1回 コロナ苦境の化粧品業界、どう戦うか?
■第2回 「逃げ」の選択は後悔することになる
■第3回 アクセンチュアで死ぬほど働き、学んだこと
■第4回 準備に時間をかけてもリスク低下にならない
■第5回 成功するために重要な「3つのこと」
■第6回 世の中にないビジネスをどう伝えるか?
■第7回 「箱」としての会社はレガシーになる
リアルな現場における"手触り感"をどのように伝えるか…目に見えていても"カタチ"として認識されなければ、本当の意味で理解されない難しさがある。
今までにないコトを伝えるには、ストーリーも大事であるが、ファクトが持つインパクトを持って目に見える"カタチ"を形成することは大変有益であると思う。今までにないコトを理解して貰う…その試みには、相当の熱量があったはず。マーケットデザインカンパニーとしての価値訴求を明確に持ち、リアルを追求する姿勢は、大いに参考になりますね。
最初にECを始めた時に、当初は口コミという中立なデータの提供というスタンスだったはずだから、販売に踏み込むと製品に対して中立な立場を保てるのだろうか?と思って見ていた。しかし、その後、リアル店舗も含めて見事な成長を遂げていて、何が違うのだろうかと思っていた。
しかし、この記事を読んで改めてわかったのは、ECや実店舗に踏み込むことが、@cosmeのミッションを遂行することそのものだったということだ。
恐らく当時の利害関係者の方々も、「なんで?」とよくわからなかったと思う。無いものを作ろうとすれば、利害関係者がmake senseすることは難しい。かつて、セブン銀行を鈴木敏文さんが立ち上げようとしたときも猛反対があったそうだが、ほとんどが反対するときこそ、ライバルも絶対に気が付かないビジネスのチャンスだと語っていらしたが、@cosmeストアはまさにそうした存在なのだろう。
『役員や株主からも、「ITベンチャーはいかにアセットを軽くして、高い収益性を得るかが肝心なのに、なんでわざわざ店舗をもって、在庫を抱えるようなことをやるんだ」と叱られて、取締役会で否決されてしまいました。
でも、僕はアイスタイルのミッションを実現するには絶対に実店舗が必要だと信じていたので、僕個人の資金も投じて、@cosme STOREを始めたんです。』

これは知らなかった。そんなこともあったのか。こういう覚悟がある経営者は尊敬。でもこういう時は利益相反取引をどうクリアしたんだろう?
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
207 兆円

業績