【緊急提言】日本人が今できる、たった一つのこと

2020/4/10
新型コロナ感染者数の増加が止まらない。
日本の感染者は4月9日に累計5000人を超え、東京都内では新たに181人の感染を確認、1日当たりの最多を更新した。
緊急事態宣言は出たものの、事業者への休業要請をめぐり、国と都道府県の意見対立は続いている。結局どうしていいか分からずに、普段と変わらない生活を送る人も多い。
そうこうしているうちに、医療崩壊の足音は刻一刻と近づく。
この国家緊急事態に、わたしたちが本当になすべきことは何か。
公衆衛生学の専門家で、WHOのテドロス・アダノム事務局長の上級顧問を務める日本人をご存知だろうか。英国在住の渋谷健司医師だ。
世界を広く見渡し、日本の対応に危機感を抱く男が、NewsPicks上で緊急提言する。
渋谷健司(しぶや・けんじ)
米ハーバード大学にて公衆衛生学博士号を取得した、世界的な公衆衛生学の第一人者。WHO(世界保健機関)、東京大学教授を経て、昨年4月から英国キングス・カレッジ・ロンドン教授、ポピュレーション・ヘルス研究所長。WHO事務局長上級顧問、CEPI(感染症流行対策イノベーション連合)科学諮問委員も務める。
検査を増やせない「本当の理由」