新着Pick
3705Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
●追記2:インタビュー動画も緊急配信を開始しました。
【24時間無料】緊急配信:私たちができる、本当のロックダウン
https://newspicks.com/live-movie/648/?utm_campaign=np_urlshare&invoker=np_urlshare_uid126446&utm_source=newspicks&utm_medium=urlshare

今、日本は80%接触減を目指し、15日で新規感染者100人にまで下げ、それが数値に現れるまでに計約1カ月、という緊急事態措置下にあります。
では、宣言後にどれくらい接触減が実行できているか。

内閣官房が公開しているデータによると、4/7宣言後の接触減が80%実現できているようにはみえません。
週末土曜になってようやく、70%前後を達成できているくらいに見えます。

①主要駅の人の流れ(4/7宣言前日との比較)
4/8(水)→4/9(木)→4/10(金)→4/11(土)
・東京駅
▲24.7%→▲26.3%→▲33.9%→▲73.1%

・新橋駅
▲25.7%→▲29.9%→▲27.9%→▲67.3%

・新宿駅
▲27.4%→▲26.7%→▲32.5%→▲57.0%

・品川駅
▲19.3%→▲33.8%→▲24.1%→▲73.2%

・六本木駅
▲23.2%→▲22.3%→▲6.5%→▲39.2%
(出所:Agoop)

②7都府県の人口変動分析(4/11土曜15時)
感染拡大以前=11月の休日との比較
渋谷▲72.5%、横浜▲74.0%、川崎▲61.1%、千葉▲62.4%、船橋▲50.2%、大宮▲67.0%、梅田▲81.0%、難波▲68.7%、三ノ宮▲61.7%、天神▲69.8%
(出所:NTTドコモ)

●追記:大変な反響をいただき、緊急事態宣言から最初の週末。この土日限定で、記事を無料公開します。

●元コメント:
この取材に同席していましたが、是非読んでほしい記事。

“検査不足批判の本質は「新型肺炎を「指定感染症」に早々に指定してしまったことにある”。

もっと早い段階でお話をお聞きしたかったのですが、このタイミングになってしまいました。過去の批判はしたくないとおっしゃる中、取材陣が無理やりにでも、これまでの対応についてもご意見をお聞きしました。
追記2: インタビュー動画も配信を開始しました。
【24時間無料】緊急配信:私たちができる、本当のロックダウン
https://newspicks.com/live-movie/648/?utm_campaign=np_urlshare&invoker=np_urlshare_uid126446&utm_source=newspicks&utm_medium=urlshare

追記: 記事を読んでくださった皆さま、コメントを書き込んでくださった皆さま、ありがとうございます。反響の大きさに鑑み、今週末の2日間、この記事が無料公開されることになりました。


元のコメント:
これまでのモヤモヤが晴れるような、腑に落ちるところの多いお話でした。特に、日本のPCR検査の少なさについての見解は、明快かつ説得力があります。

パンデミック対策の基本はインテリジェンスとロジスティクス・オペレーション、さらにシナリオ分析であり、日本にはそのいずれもが欠けていたーーと言う渋谷さんの指摘は重いですが、これまでの対策を振り返ると、非常に的確だと感じます。
現在のフェーズでは、「家にいよう」に尽きるというメッセージ。渋谷先生に限らず、多くの国内外の専門家からも発信されています。

できるだけ自宅にとどまるにはどうすれば良いか、まだできていないことはないか。自らの行動で、見直せることもまだあるかもしれません。少し立ち止まって皆で考えていきましょう。
たらればではなく、これまでの日本の対応をあくまで冷静に分析されていて、
もやもや感が晴れるとともに、
今なにをしなければならないか、が端的によく理解できる記事。

『一度決めたことをなかなか変えられない。これこそが、日本のシステムの弱点だと言えます。』

これは、今回の件に限らず、これまでの政策にもあてはまると思います。

『行動経済学的にどのようにメッセージを出せば人がどう動くか、といった知見が加われば、もっと良い発信ができるはず』

まさにその通り。
同じことを伝えるでも、メッセージの発し方、プロモーション力については、
日本はかなり改善の余地があるかと。

このあたりは、コロナが落ち着いたら、しっかりフィードバックして改善されていってほしいです。

ですが、とにかく今は、

『「自分の身を守り、医療を守るためにも、家にいて」というシンプルなメッセージを繰り返し伝えることにこそ、意味があります。』

これに尽きます。
とにかく今はStay Homeですね。よくわかった!
日本のプロフェッショナルを重視した組織運営ができないという欠点が端的に示されている。官僚組織などの行政府は特にジェネラリスト重視でオーケストレーションの考えがない。
その組織に持たせるべき機能を想定して、それぞれの機能のプロフェッショナルを入れ、いずれかのプロでリーダーシップのある人に任せれば良いだけなのだが。そもそもその会議の主題の専門家と官僚さえいればなんとかなると思っているのだろう…百歩譲ってもっとよく考えているとしても機能想定能力も低い上に、プロフェッショナルもあまりいないのだ。
つまり、ちょっと悲しいが、このままではめちゃくちゃな施策が続くということだと理解した。
だから私たちにできることは、家にいることだけですね…
これからを考えるために参考になる視点を提示して頂いていると思う。

・一度決めたことをなかなか変えられない。これこそが、日本のシステムの弱点。

・仮説を立てること自体はよいが、検証をする必要がある。

・行動経済学的にどのようにメッセージを出せば人がどう動くか、といった知見が加われば、もっと良い発信ができる。

・日本は法的な強制力がないから、「ロックダウン」(都市封鎖)ができないと指摘する人もいますが、大事なことは、強制力があるかどうかではない。

・だからこそ、「自分の身を守り、医療を守るためにも、家にいて」というシンプルなメッセージを繰り返し伝えること。

特に、政府に提言する専門家会議の中に、行動経済学や心理学、コミュニケーションの専門家を入れるべきとの指摘は政府にすぐにも伝えたい。
”一度決めたことをなかなか変えられない。これこそが、日本のシステムの弱点”という言葉に問題の深さを感じます。

朝令暮改はよくないことと思いがちですが、イギリスのように間違いだろうと思われた時点でい潔く撤回するという勇気は支持されるべきと思います。

これからどんどん検査数が増えて信じられないような感染者数になっていくと思います。私も1月の時点では風邪と何が違うのかと思っていました。自分の考えを撤回して、増える数字にビビることなく、家にいることで感染拡大の抑止の力になろうと感じます。
参考にはなります。ほかの専門家諸氏のコメントと同じレベルで。

私は、この2か月、ずいぶんと相克に悩んできた。

都内の某病院にて、コロナ対策の陣頭指揮にあたっている親友の医師がいます。彼の口調が日々厳しさを加える。一か月前には「用心して、カラオケなんかいっちゃだめだよ」、それが二週間前には「仕事は最低限の。原則テレワークにしてくれ。対面は避けて」に。そして4月になると「家から出ず、人と会わないように」

彼は、メディア上の専門家の意見に「コメントしている時間があれば、現場を手伝ってほしい。医師も看護師も足りない。患者の盥回しが、感染を加速度的に広げている。あり方論を言い合ったいるうちに火が消せなくなっているんだ。マクロの議論は後にして、とにかく火消をしないと」と疲労困憊して言っています。

他方、観光旅行業界、エンタメ、そしてほとんどの中小企業は存亡の淵に立たされている。「コロナで死ぬか、事業破綻して死ぬか。せめて確率の低い方にかけるしかない」という悲痛の声も毎日聞いています。

コロナからの避難か、経済の最低限の維持か。命と経済のどちらが大切なのか、といわれても、命=経済の人々が大半。

となると、日本人が今できる、たった一つのこととは、人同士が物理的に接することのない仕事をどう追及するかを模索するしかないのです。

結果としてWHOの擁護みたいに受け止めました。「たった一つのこと」とは何なでしょうか。はっきり教えていただきたいですね。
申し訳ないが、この人を信用してません。

理由は、冒頭で「後出しジャンケン的に議論するのは、本来望ましくないことだと思っています。」と言いつつ、実際に本記事中身には後出しジャンケンの政策批判が散見されるため。要は言行不一致。

おそらく同じ渋谷さんの4月上旬の記事↓への「後出しジャンケンやめろ」という反応を受けたものでしょう。そんな単純なレトリックで騙せると思ってたとしたら、ずいぶん読者も舐められてるんだな、と。

> 緊急事態宣言は「1週間遅い」。WHO上級顧問、日本の対応を批判【新型コロナウイルス】https://m.huffingtonpost.jp/amp/entry/story_jp_5e8bdc68c5b6e1d10a689f8d/?ncid=other_twitter_cooo9wqtham&utm_campaign=share_twitter&__twitter_impression=true

たしかに、いくつか未来のことについても語られています。しかし「抗体検査」は↓見る限り現段階では実用に至らない「出来もしない正論」です。

>[FT]英政府発注の抗体検査キット、実用には不適
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57756720X00C20A4000000/

残りの「補償しろ」「家にいろ」と、現政権の方向性と同じです。ただ、この結果うまくいかなかったとしたら、また後出しジャンケンで批判するとおもいます
日本政府が頼りにするクラスター対策班・西浦先生の師匠であり、WHO事務局長の上級顧問も務める渋谷医師。
検査数を増やすと医療崩壊になるというのは本当か。ロックダウンは法的強制力がない日本では無理なのか。普段から疑問に思っていたことについて、分かりやすく解説していただきました。