新着Pick
380Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Apple Watchのような腕にはめる端末も、カメラも付けずに「睡眠」や「健康データ」を取得するなんて、正直、本当なのかと思っていたのですが、実際に「テラス」のデモを見ると確かに。

息を止めたり、吸ったりという不自然な呼吸にも合わせて、ちゃんと波形が描かれて心拍も読み込んでいました。やはり、「何もつけなくていい」という開放感を味わってしまうと、(もちろんデータの精度が最も重要ですが)ウェアラブル端末には戻れないかも・・・

非常に面白いのは、対象物(人)の細かな動きを計測する技術が、自動運転やドローンで使われるセンサーの技術と同じであるところ。精度が増して、センサーの需要が増え→価格が下落→一般消費者が使うデバイスにまでセンサーの利用が広がってきた、という背景もそんなことが起きているのかと驚きました。

サンフランシスコ発「テラス」が近日中に始める神戸市での実験。その際にはコークCEOも来日するとのことで、今後の展開も非常に気になります。
従来、介護施設では安価に入居者をモニタリングする方法として、「足元にひくマット型のセンサー」等で離床を検知する方法が一般的でしたが、イマイチ使い勝手が悪いという問題がありました。
(マットを踏まないようにして逆に事故が起こる、余計な通知が行き過ぎる等)

一方、Tellusのような体に身につけないアプローチでの見守りセンサーは、
国内では、
・パラマウントの「眠りスキャン」
・フランスベッドの「見守りケアシステムM2」
などのベッドメーカーがベッドとバンドルで売っているケースや、

・Z-worksの「LiveConnect Facility」
などいくつかプレイヤーが出始めています。

どのプレイヤーも、単純に検知するだけでなく、通知すべき情報を分析し、ケアステーションで施設全体をモニタリングできる管理システムも合わせて提供しています。
特に、Z-works社は回線に掛かる費用も含めて介護施設が安価に導入できる工夫を進めている印象があります。

センサーという文脈ですと、Dfree社やaba社など、「排せつを検知するセンサー」も開発が進んでいます。
今後の少子高齢化時代にセンサー/IoT、デジタル化による介護の効率化は必至であることは間違いありません。
高齢先進国日本ならでは。開発はテスラでも日本がスリープテック普及の走りとなるのは嬉しい。投資家がドコモ、東大であることも。
近い将来高齢者の遠隔モニタリングが世界課題になるのは明らかで大事なことは高齢者の尊厳。
「自立してない」レッテルのようなツールでなく人知れず、そっと、確実に見守りたい。
日本市場に関心あり、そして自治体を動き始めているという部分にとくに興味をもちました。日本は課題先進国と自称し、そこがこれからの成長に使えるという期待をもつ向きもありますが、記事でとりあげられた企業「テラス」のような海外企業が動き始めています。

シンガポールでは、高齢者の健康モニタリングや介護に関連する分野で、政府、スタートアップ、地域コミュニティぐるみでいくつかの実証実験が始まっています。

日本で学んだとあるシンガポール人は、「シンガポールは日本と同じ課題が顕在化しつつある。日本で学んだことをシンガポールに持ち帰り応用したい。その次は、日本に持ち込みたい」とはなしていました。

今後、日本の課題の解決策を海外企業がもってくる時代になるかもしれない。本来は、国内企業に大きな機会がある課題。日本固有の問題と思っていると、海外企業の動向を見ておかないと、先にもっていかれるビジネス。
デバイスはつけていなければ計測できない、というのが当たり前でその不便さを諦めていましたが、このソリューションはいいですね。特に高齢者にはデバイスはつけていることすらハードルが高いので、期待できるソリューションですね。
それにしてもセンサーの値段がそんなに変わっているとは!
今、要介護者の生体整理情報はあらゆるものがセンサーやウェアラブルで取得できるようになっています。今は単なるデータですが、ここに日中の活動量や食事、水分、排泄物、薬。更には人間関係などの定性的なものまで含めてAIで解析すると、認知症の人のBPSD(認知症に伴う行動心理症状)までも予測してケア方法まで提示されるようになる日も来るでしょう。単なるデータがインテリジェンスになり、介護職や介護者の関わりが、社会の人々の関わりが劇的にかわるかもしれません。
アレクサから「今日はおばあちゃんにお水を500cc飲ませたら徘徊の可能性が80%下がります」とかね。
こうしたテクノロジーの集積が産業化すれば、本当にアジアに輸出してリターンが見込める日本型介護が生まれるかもしれませんね。
介護が必要な方にとっても、介護する方にとっても負担を軽減できる可能性のある技術ですね。
壁掛け型のセンサーでウェアラブルをつけないのは、高齢者の見守りた主目的だったのですね。壁掛けだけで、「睡眠」、「心拍数」、「呼吸数」、「歩行時間」、「座っている時間」などの動きをモニターというのはすごい。

壁掛けディバイスは0.01ミリの動きも感知。クラウドにそのデータを吸い上げ、データをもとに、介護者はケアや状況改善を実行する。IoTヘルスケアの最先端です。

はやく使ってみたい。
センサーの精度向上と価格の下落、そしてIoTを支えるクラウドプラットフォームの充実と5Gに代表される通信インフラの進歩によって、ヘルスケア領域は数年前では考えられないくらいに技術的な発展していますね。
あとは、阻害要因、参入障壁になりうる法制度や商慣習をどう改善していくのかがポイントになりそう。
高齢化社会の先進国である日本は、この分野くらいは官民一体になって世界をリードして欲しいものです。
すごい技術ですね。
昔は軍事技術から新しいイノベーションが起こりましたが、今は自動運転技術からいろいろなイノベーションが起きています。
世界中が競って投資をしているので、自動運転以外にも応用ができる技術がどんどん生まれているのです。
インターネットを超える何かが生まれるかもしれません。
この連載について
多くの人が悩みを抱える「睡眠」。生産性や健康と深いつながりがある健康の基本だが、その対策は後回しになりやすい。最新研究とスリープテックへの取材により、眠りの真実と極上の睡眠法、そしてスリープテックの今に迫る。
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社 (NTT) の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
9.9 兆円

業績