新着Pick
1316Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グーグルが初めて戦略投資をした、日本のAIベンチャーのABEJAの創業者に、NewsPicksが突撃インタビューをしてきました。ちなみにアベジャはすでにNVIDIA、セールスフォースといった企業から出資をうけており、グローバルなテック企業から「超モテモテ」なのです。

インタビューにおいて、岡田氏がかたっている、AIの「リアルビジネスにおける実装」というのは、ひとつひとつ、大変おもしろいスタディです。ここには紹介できてない無数のとりくみを、アベジャはPOCではなく、リアルビジネスのレベルで進めているというのが、今回の出資でも大きな根拠になったようです。

最近では、日本のネクストユニコーン企業としてあげられることも多いアベジャのインタビューを、ぜひご一読ください。
エンジニアの経験があり、英語も話せるCEO。
そんな素敵な企業が、ABEJA以外にも日本にたくさん誕生し、優秀な新卒/中途が集まると、日本は面白くなる気がする。

=引用=
創業者の岡田陽介氏は、かつてシリコンバレーで活躍したエンジニアで、早くからディープラーニングの技術に注目。
日本のベンチャーでAIに注力しており、かつ経営者が英語をしゃべれる会社は、そうありません。

=追記=
記事中にあるBERTは、GitHubでオープンソースとして公開され、各国の自然言語処理(NLP)の関係者たちが絶賛検証中。
https://github.com/google-research/bert/blob/master/README.md
出資時のPickは下記。やはりGoogleの日本での出資は初めてだったし、GVではなく本体からだったのか。
文章を読んでいて印象的だったのは、「英語」の部分。Googleは日本に技術者は多くいるが、それでも結局会社対会社で話をしていくという点で、経営者が英語を話せるというのは、この時代においても大きいのが現実。
逆にそれができないだけで経営者としての可能性も、会社としての可能性も、大きく狭める。何か新しいことを成し遂げようとするときには、意図を伝えたり相互信頼をするにはコミュニケーションは不可欠。
https://newspicks.com/news/3508124
先日、AIを育てるのは子育てと似ている、という女性のインタビューが(よくも悪くも)話題になっていましたが、確かに似ているなあ、と感じさせる内容。まずは画像での物の認識。赤ちゃんもまずは親を認識し、物を認識し、指差しをするようになり、単語を覚える。この物体はリンゴであるか、そうでないかを「分ける」ことから知性は始まるとも言います。そして次は、二語文になりだんだん「言葉」を習得していく段階、ということなんでしょう
"アベジャがこうした取り組みを2012年から始めている点について、グーグルの人たちは非常に驚いていました。「そんな前から、君たちは注目していたのか」と。"
岡田さんや取締役の外木さんに初めてお会いしたのがまさに2012年の頃でした。まさかこんな大爆発するとは思いませんでしたが、ニューヨークのNRF で会ったりと海外志向の強いベンチャーだなと思ってました。
正直当時彼らの言っていることの10%くらいしか理解できませんでしたが、google本体から出資を受けるとは。衝撃です。
BERTが日本語で一般向けの記事になったのはこれが初めてだろう。せっかく日本語で情報共有されたのだから、日本企業も自然言語の分野で一体何が起ころうとしているのか研究を始めるべきだと思う。それなくして数年後を見据えた戦略は立てられない。まさにgame changerになる可能性がある。
NVIDIA、Salesforce、そしてGoogleとテックジャイアントが次々と出資。ABEJA社のビジネスの方向性もだが、今後の資本政策やExit戦略も気になる。
このタイミングでのインタビューは絶妙。にしても既に、これほどまでの成果を出されていたとは。凄いですね。
私も本業で言語処理分野でAIを推進している立場なので、BERTの様な存在はとても怖いですね。弊社は実はかなり前から言語処理分野で頑張ってきたのですが、最優先して投資するレベルで取り掛かっている訳ではないので、あっという間に負けてしまいそうです。手を組むしか生き残る道はないのかな。。。
たいへん熱心でかつ人当たりのいい社長さんです。
応援してます。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。