「中国崩壊論」の崩壊。外れ続ける「5つの予想」

2017/9/18
実現していない「5つの崩壊論」
日本でいわゆる「中国崩壊論」が語られて久しい。中国共産党による強権的な政治体制は長くは持たない。バブル経済はもう破綻寸前だ。
そんな議論を、飽きるほど、我々は聞かされてきた。
確かに中国に課題は多い。共産党の一党独裁による異質な政治。社会主義市場経済という名の不思議な経済システム。言論・人権への無理解。13億を超える巨大人口。絶え間ない軍拡。
どれをとっても「リスク」に見えることばかりで、こんな体制が続くはずはないと、崩壊論を唱えたくなる気持ちもわからなくはない。
だが、日本人がいくら中国や中国経済の崩壊を語ったところで、その活気は衰えていない。中国の高度成長は一時期ほどではないとはいえ、いまも年率6%代を維持している。共産党の統治もしばらくは揺るぎないように見える。
問題は、それが良いことか悪いことかではない。現実として、過去に語られてきた中国崩壊論は、予想を外しているという事実である。