新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グラブは、マレーシアで企業、シンガポールで資金調達で成長してきた企業。現在は、マレーシア、シンガポールのほかに、インドネシア、フィリピン、ベトナムで展開中。

ライドシェアとタクシー両方を利用できる点が特徴的。もともとは支払いも現金のみ(というか、もっともとのグラブは、タクシーにチップを設定して捕まりやすくするというアプリ。マレーシアのタクシー事情ならでわで生まれたサービス)だったのが、クレジットカードにも対応。

コールセンターは自分が使った限りはしっかりしていて、以前、シンガポールで車中に忘れ物をしたときも、すぐに対応をしてくれて無事に戻ってきた。

他方、ユーザーとして思うのが、運転手の質の劣化。ウーバーや、ローカルタクシー(シンガポールのコンフォート、インドネシアのブルーバード)といった競合があり、複数のアプリを使用している運転手が多い。過当競争の感もある。

評価システムがあるが、ライドシェアにほぼ特化しているウーバー(ウーバーも最近はタクシーを呼び出せる地域がアル)に比べて、グラブは評価システムが機能しにくい印象がある。

一般タクシーもグラブを使えるので、一般タクシーで質の悪いタクシー会社の混在がユーザーとしては困る。そのため、最近は、グラブを使うときは、もっぱら、「カー」(=ライドシェア)を使っている。時と場合により、かつあくまで個人的な経験の範囲だが、呼んでもなかなかこちらの場所に到達できないという現象を最近多く感じる。

グラブとウーバーの乗り比べた体験記を過去に書いています。東南アジアにお越しの際には、ぜひ、試してみて下さい(シンガポールはコンフォートタクシー、インドネシアはブルーバードタクシーの方がよいような気がしますが、シェアリングは体験して初めて的確に語れるもの)。

Uberを迎え撃つローカル勢Grabの強み
https://newspicks.com/news/1517105

Uber vs. Grab、使い倒してわかった強みと弱み
https://newspicks.com/news/1518265

https://newspicks.com/news/1788496へのコメントを転記)
Grabの創業者アンソニー・タンはハーバードビジネススクール卒業の超エリートなのに常識的で気さくなナイスガイ!

タクシー配車からスタートしているところも(タクシー会社の私としては)好感度大で、これは彼自身がマレーシアで自動車関連事業の二代目という出自を反映した戦略です。

当社もグラブを見習って頑張ります!
下記でGrabが資金調達する意向という報道があったが、Done。事前は6億ドルだったが、実際には7.5億ドル、ソフトバンクなど既存投資家からの調達とのこと。
https://newspicks.com/news/1702288?ref=user_100438
日本交通とかがベンチマークすべき会社よね
GrabTaxiは、タクシーの配車アプリの出自なので、Uberなどと少し違って、配車時にタクシーか個人か選べるようですね。地域によってバイクも呼べるらしい。
バズフィードのシェアエコノミーが差別を可視化するみたいな記事を読んだ後だとグローバルに成長できるビジネスモデルはアジアやアフリカから出るんじゃないかって思う。ちなみに真偽不明だけどアフリカには携帯の基地局を立ててキャリアに登録申請するとネットワークビジネスのように通信料金の一部を受け取り続けることのあるビジネスモデルがあるらしい。そんなのdevelopedから出てこないよね。
資金投入で何をやるのか?アプリの国別カスタマイゼーション?ブラブもウーバーも運転手アプリの音声は未だに英語である。
ソフトバンクがストレートに「投資家」と表現されることに腹落ち。
アジアのシェアライドは有望な分野。規制に守られるのではなく、再構築して海外に乗り出すような指向性のタクシー会社か日本からも出てきて欲しい。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.96 兆円

業績