np_global_02_04

映像ディレクター・江口カン氏(前編)

【江口カン】世界を魅了。860万回再生の動画をつくった男の思考術

2016/1/12
今、日本と世界は大きな転換期にある。そんな時代に、世界レベルで飛躍する新時代の日本人が生まれ始めている。本連載ではビジネス、アート、クリエイティブなど、あらゆる分野で新時代のロールモデルとなりえる「グローバルで響いてる人の頭の中」をフィーチャー。経営ストラテジストの坂之上洋子氏との対談を通じて、各人物の魅力に迫る。第2回は、映像ディレクターの江口カン氏と対談。

860万回再生された動画

坂之上:私が江口さんを知ったきっかけは、シカゴにいる黒人の友人から「日本のすごい動画がある」と興奮して教えてもらったからでした。それがトヨタのG’s(ジーズ)のCM。街中でみんながいきなり野球をはじめる動画で、野球にあんまり興味がない私でさえワクワクしました。

江口:ありがとうございます。

坂之上:江口さんはずっと福岡を拠点として仕事されてる、このCMも九州で撮ったんですよね?

江口:そう、北九州で撮りました。

坂之上:すごくローカルですよね。でも、グローバルでも響くことをちゃんと最初から意識されていた?

江口:はい。これ、たぶん世界中で860万回くらい再生されたと思います。

坂之上:860万回ですか。

江口:僕らの世界では、口コミで話題になることを「バズる」って言いますけど、あの作品はバズりパターンがいくつかあるんです。

坂之上:バズりパターン?