• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

テスラのマスクCEO、日本での販売が期待外れだったと認める…年間5千台

168
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    株式会社BUDDICA 代表取締役

    2023年の日本での販売台数は約5,500台。これは我々バディカの小売台数と同レベル程度です。6期目の中古車ベンチャーと同程度なので、予想よりめちゃくちゃ少ないですね。日本ではEVのアフター環境が整っていないのと、珍しいもの好き富裕層が、予想より少なかったという事でしょう。日本の富裕層は、フェラーリか、アルファード、ランクル好きが多いですね。


  • ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当課長

    色々理由並べてるけど

    日本で同価格帯のBMW5シリーズやメルセデスEクラスが年間3千台、3シリーズやCクラスは(モデルチェンジ直後など1万台超える事を除いて)年間6〜8千台の販売台数と思えば、割と健闘してると思うよ

    別にテスラが売れてないとは思わない

    追記
    ちなみに年間5千台レベルって、ブランドだとシトロエンと同じくらい
    ポルシェは8千台レベル

    テスラはアーリーアダプター向けと考えると、そんなもんじゃないかな


  • 某上場企業 内部統制部門 部長

    単純に、EVが環境に良い、という意識が日本で根付いていないからEVの訴求力が無いのかと。
    根付いていれば充電場所も増えると思うんですよね。でも増えない。

    私自身、EVが環境に良いというのはかなり疑っています。電力の供給元が火力発電が主であること、記事にあるバッテリーのようにEV車特有の部品の製造(交換部品も含む)を考えたら、むしろガソリン車の方がトータルでは環境への悪影響は小さいのでは?と。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか