SPD34E31VKKCA9VU

Mercedes-Benz Group AG

Based in Stuttgart, Germany, Mercedes-Benz Group makes premium and luxury passenger vehicles and commercial vans.
売上高(百万円) 23,306,445
期末従業員数
166,056
本社住所 Mercedesstrasse 120 Stuttgart BW Germany
電話番号 +49 711170
詳細を見る
代表者
Martin Brudermüller (Chairman),Ola Källenius (Chief Executive Officer)
設立年月日
1886
従業員数
166,056 人
上場年月日
1998-11-17
主要取引市場
フランクフルト証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
306Picks
高級車「ベンツ」を買える年収って? 維持費も含めて試算してみた
マイナビニュース
|
高級車といえば「ベンツ」。ベンツはラグジュアリーセダンとして人気が高く、いつか高級車に乗ってみたいという願望をかなえてくれる車のひとつではないでしょうか。 ただ、車は買ったら終わりではありません。家などと一緒で、もちろん維持費がかかります。そこで、ベンツに乗るには、どのくらいの収入が必要なのか、車の価格、維持費をもとに、無理のないカーライフが送れる年収を試算してみたいと思います。 ベンツのク...
44Picks
中国から新たな超低価格EV、約70万円のカラフルな小型車「知豆彩虹」が秘めた可能性
WIRED.jp
|
日本円にして約70万円からという低価格EV「知豆彩虹」が中国で発売された。テスラが“手ごろな価格”の新モデル投入から遠のくなか、この通勤にも十分に使える航続距離をもつコンパクトカーの登場は示唆に富んでいる。
1326Picks
【必須】製造業の本質は「バランスシート」だ
NewsPicks編集部
|
企業の財務を表す「財務3表」といえば、損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書(CF)にバランスシート(BS、貸借対照表)がある。なかでも最もとっつきにくいのがBSと言われる。赤字や黒字など、...
2380Picks
トヨタの10年先をゆく、日本人が知らない「ベンツ」最前線
NewsPicks編集部
|
6月中旬。ドイツの首都ベルリンから、新幹線ICEで南西に移動することおよそ5時間半。ライン川を隔ててフランスと国境を接する、緑豊かなシュヴァルツヴァルト地方に降り立った。その目的は1つ。ここに、...
81Picks
なぜ豊田章男会長は「ガソリン車叩き」に動じなかったのか…「もっといいクルマをつくろうよ」の本当の意味
PRESIDENT Online
|
「EV元年」といわれた2018年。それは世界の主要国がEVへの偏重を発表したのが前年に始まったことによる。アメリカの一部州やイギリス、中国は2035年までにガソリン車の新車販売をとりやめることを決めた。日本では2021年、菅義偉首相(当時)が施政方針演説で「2035年までに新車販売で電動車100%を実現する」と表明した。  既存自動車メーカーもまた自社の意志でEVへ力を注ぐと決めていた。GM...
219Picks
4年連続「世界首位」は確実だが…絶好調のトヨタ自動車に迫る「最大の危機」
PRESIDENT Online
|
※本稿は、鈴木貴博『「AIクソ上司」の脅威』(PHP研究所)の一部を再編集したものです。  トヨタは今、焦りまくっています。業績は良いのですが、このままいくと急拡大する新エネルギー車市場で売れる商品を2026年まで投入できなくなりそうなのです。  「いやトヨタだってbZ4Xという最新のEV車を発売しているじゃないか」と反論されるかもしれません。2023年にはこれに加えてレクサスのRZ、中国の...
2Picks
プロも唸る! 竹田麗央の異次元セッティングが凄すぎる理由【女子プロセットのどこマネる!?】
ゴルフ情報ALBA.Net
|
今季すでに3勝を挙げてメルセデス・ランキングで首位を走る竹田麗央のセッティングを分析。アマチュアの参...
388Picks
AIブームで時価総額1兆ドル狙うエヌビディア創業者の先見性
Forbes JAPAN
|
米半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)にとって、5月25日はすばらしい1日となった。アナリストが絶賛する四半期決算報告と、AI(人工知能)革命を支えるチップへの膨大な需要を受けて、同社の株価は24%急上昇し、史上最高値を更新した。エヌビ
4Picks
なぜアメリカのレンタカー会社はテスラを手放したのか?
Motor-Fan[モーターファン]
|
昨年12月、米レンタカー大手・ハーツ(Hertz)がBEV(バッテリー電気自動車)2万台を売却して順次ICV(内燃機関搭載車)に切り替えることを運輸当局に通知し、売却を開始した。2万台は同社が米国内に保有する同レンタカーの11%に当たる。そのうちの約8割、1万6000台がテスラだった。この発表から4カ月ほどを経て、すでに半数が処分されたという。なぜ、BEVはレンタカーから退場なのだろうか。 ...
332Picks
なぜ、メルセデスベンツは「生成AI」を使う?期待できる効果が凄すぎる理由
ビジネス+IT
|
対話型AIの「ChatGPT」は、これまでの業務の在り方を大きく変える可能性があるかもしれません。実際に、日本政府も対話型AIの業務利用を検討するなど、大きなトレンドとなっています。このようにAIが世界を大きく騒がせている中、サプライチェーンマネジメント(SCM)の領域においてもAI活用はトレンドとなっています。今回は、サプライチェーンの効率化に向けAI活用に取り組むメセデスベンツ、BMW、...
1Pick
中国人は長いのがお好き! セダンだけじゃなくSUVまで「L」が付くクルマが登場する事態
WEB CARTOP
|
この記事をまとめると ■アウディは2024年4月の北京モーターショーで「Q6L eトロン」を発表した ■中国では「Lモデル(ロングホイールベースモデル)」がステータスとなっている ■中国市場向けは台数が出るのでメーカーも前向きに検討することが増えてきた 中国では「L」がつくモデルが人気  アウディは...
1Pick
T1 Faker選手がHall of Legends初の殿堂入り、12年以上にわたりLoLのeスポーツシーンを支えた功績称え - Saiga NAK
Saiga NAK
|
メルセデス・ベンツとLoL EsportsはHall of Legends初の殿堂入り選手としてFaker(イ・サンヒョク)選手を表彰すると発表しました。日本時間2024年6月15日(土)午前0時00分にはドキュメンタリー映像も公開されます。
168Picks
テスラのマスクCEO、日本での販売が期待外れだったと認める…年間5千台
ビジネスジャーナル
|
テスラのイーロン・マスクCEOが、日本市場での販売状況が期待外れになっていることを認めたとして、一部で話題を呼んでいる。テスラはかつて同社にとって日本市場は米国に次ぐ規模の大きさになるとみていた。
56Picks
テスラ出身者が電池のシリコン新素材を開発するシラ | いま注目すべき破壊的企業
クーリエ・ジャポン
|
米国の経済専門チャンネルCNBCが毎年選出する、注目すべき未上場の新興企業を集めた「破壊的企業50(Disruptor 50)」。業界の常識を塗り替える“破壊者”として取り上げられた企業は、どんなビジネスを手掛けているのか。この連載では選出された企業の事業内容や革新的な点を紹介していく。電気自動車が未来の車の地位を確かにしている一方で、その部品となる素材はまだ定まっていない。イーロン・マスクは過去
2Picks
市販されなかったのが残念すぎる! 86をワゴン化した「シューティングブレーク」が理想的な1台だった
WEB CARTOP
|
この記事をまとめると ■輸入車ではルーフが低いワゴンを「シューティングブレーク」と呼ぶことがある ■コンセプトは貴族が狩りに出かけるときに乗るためのクルマだった ■トヨタ86にはかつて「86シューティングブレーク」というモデルが存在した シューティングブレークってなに?  多くのクルマ好きは、スポー...
920Picks
【ビジュアル完全解説】破壊者ベンツのすべて
NewsPicks編集部
|
「未来のモビリティ」の再発明に挑む、破壊者ディーター・ツェッチェCEOのダイムラー12年史を、わかりやすいビジュアルで徹底解説する。
96Picks
【国別】自動運転、2024年の業界展望&超重要トピックス一覧
自動運転ラボ
|
着々と社会実装の域を広げる自動運転。数年前に各国企業が発表した目算からは遅れているものの、じわりじわりと技術を向上させ、実証や実用化の波はしっかりと押し寄せている。 2024年は各国でどのような動きがあるのか。業界展望に […] The post 【国別】自動運転、2024年の業界展望&超重要トピックス一覧 first appeared on 自動運転ラボ.
186Picks
BYDはなぜテスラ並みの大躍進を遂げたのか? EV時代のものづくりの「こだわり」とは?
ビジネス+IT
|
グローバルの電気自動車(EV)市場で米国テスラとしのぎを削っているのが、中国の自動車メーカーBYDだ。主に中国市場での販売がメインながら、2022年のバッテリーEV(BEV)の販売台数ではテスラ131万台に次ぐ91万台で世界2位。2023年1月には日本でも「BYD ATTO 3(ビーワイディーアットスリー)」を投入、たった4カ月半で463台受注の好スタートを切った。BYDはなぜこれほど躍進で...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ