今日のオリジナル番組


詳細を確認
AI時代に士業は生き残れるのか?
本日配信
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
数年前に神戸市役所でお話を聞いたことがありますが、「川崎みたいにはなりたくない」とはっきりおっしゃっていました。タワマンが乱立してむやみに電車が混むような街作りは意味がない、との見解でした。たしかに人口が多ければいいという問題ではないように思われます。他方でとなりの明石市が泉市長の子育て政策のもと、人口を大きく伸ばしたことも周知の事実です。

ちなみに産経はブロック紙を含めて主な新聞の中で、唯一記事が全部元号で書かれており、読解にとても苦労します。平成22年なんていわれても、いつのことなのやら。私は物心ついて約50年の間に4回外国に住んだので、元号がさっぱりわかりません。北朝鮮の주체(チュチェ)112年とか、台湾の民國112年がいつのことかわからない人がいるのと同じです。学問の文献挙示では元号は使いません。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF1477V0U3A910C2000000/
ちなみにこのニュース、10月の発表時点で日経など各紙が報じており、これは京都を加えて独自性を出そうとした遅れた記事です。
「政令市は都道府県並みの権限を生かし、独自のまちづくりができるはず。都市として個性や魅力をどう創出していくかという戦略が今後、必要になるだろう」

政令指定都市の人口増減の二極化について、神戸市、京都市、大阪市、福岡市などを比較。明日から京都市へいくので気になる記事。
「持続可能なまちづくりでは住む場だけでなく、働く場を創出しなければならない。子育て支援などの政策も大事だが、そもそも財源がなければ成り立たないため、経済活動の拠点づくりが必要不可欠だ」

そういうものなんですね。
色々なところを転々と移住を定期的に繰り返すライフスタイルを好む自分にとっては、リモートで基本はたらくのでどこでもいいけど、子どもの学校の様子や遊ぶ環境など、あくまで子ども&子育て中心に住む場所を決めます。

思ったほどリモートワークが結局定着していない現状ですが、今後もしもまたリモートワークが増えればまちづくりの視点も変わってくるのでしょうか。
日本全体で人口減なわけで首都圏、大阪、福岡より規模が小さい自治体は今のままだと人口は増えないというデータになります。

論点としては、2段階であると思います。

1. そもそも人口を増やす必要があるのか?
現在のインフラや社会制度を保つのであれば、一定の人口は保たないと破綻するのですが、やらなければいけないこと、やったほうがいいことを分けて優先順位をつけていく対応をしなければいけないと考えます。

その上で神戸市や京都市は観光資源もありますので、人口減でも成り立つモデルを模索することも選択肢としてあるのではないでしょうか。

2. もし、人口増が必要だという判断なら、どうすれば増えるか?
もし人口増を目指すという選択肢を取るのであれば、日本全体は減っているので、日本の出生率が上がらない限り、競争になってきます。

流山市は人口が増えていますが、つくばエクスプレスの影響もありつつ、子育て支援制度も大きな要因です。自治体としてビジョンを持ち、特色を出していくことで、自治体単位で人口増を実現可能であることを表しています。
以前は、ドーナッツ化減少と呼ばれ都市部から離れたところにしか住居を構えることができませんでした。
東京周辺では「多摩ニュータウン」などが典型例です。

ところが、容積率の緩和によってタワマンを始めとする多くのマンションが都市部(東京や大阪)にできて、職住接近で都市部に人々が済むようになったのです。

そして、ドーナッツの外側には(ある意味)貧乏くじを引いた高齢者層が残り、若年層は都市部に住居を構えています。

今はどうかわかりまえんが、女子御三家中学の通学圏内は片道1時間半以内でした。
小学校から上がったばかりの中学生が往復で3時間も通学に費やすのは「厳しいな〜」と感じたものです。

バブル前に家を買った人たちは片道2時間の通勤が当たり前だったようです。
「俺の夢は通勤時間が30分で済むことだ」
と言っていた人たちも、今やかなりの高齢者になってしまいました。

人口の都市部への流入は世界的な傾向なので、神戸市等があれこれ考えてもどうしようもありません。
強いて挙げるなら、神戸市そのものが都市部になることでしょう。
淡路島にパソナが本社を置いたように、企業の本社機能を積極的に誘致するのです。
先月何年振りかに、仕事でJR神戸駅近辺に宿泊しました。1泊、5000円程。西側には新開地という下町情緒ある、西へは姫路、北へは有馬温泉、東へは三宮、大阪への起点となるような場所ですが、夜はなにか寂しい、産業は造船、重工業に集中した感が否めず、唯一、サービスと飲食が美味しく、賑わっていたイメージでした。
人口を増やすだけが、その都市を魅力づける要素ではないと思いますが、何か、幼少期に憧れた、港町、神戸の印象はなく、ここにもイノベーションや、新しいテクノロジーや産業のスイッチなども必要なのではないかなと感じました。
「株式会社神戸市」なんて呼ばれた時代もあったのに。

私が取材していたころにはすでに上場企業の多くが本社機能を移転し、神戸には籍があるだけの状態でした。産業構造の変化と東京一極集中、高齢化するニュータウン…日本の変化の縮図がある気がします。

違うのは、震災と復興を経験したこと。
他の都市とは今に至る条件が違いました。
そう考えるとターニングポイントの一つはやはり、阪神淡路大震災だったと思います。

ただ、災害はどこでも起こりうります。神戸以外の都市も安泰とはいえないでしょう。神戸市が今後どのような都市になるのか、ウォッチしていきたいと思います。
好調といわれる川崎市在住です。
川崎市は地方交付税の不交付団体。
ならば十分な財源があると思われるかもしれませんが、そうでもない(というか厳しいかも)。
原因の一つとなっているのが、ふるさと納税。
「23年度の流出額は18億2394万円増の121億1527万円で全国ワースト4位。」下記記事より
https://newspicks.com/news/8859115

ちなみに、地方交付税が交付されている市町村には、ふるさと納税の流出分は国税から補填されます(これもふるさと納税に疑問を持つ理由の一つ)。
ふるさと納税にもっと力を入れないと、という意見もありますが、個人的には本来不要な事にリソースを割く施策に疑問を持っています。
記事に関係ない内容で、すみません。
家賃相場も安いので、神戸空港の国際線化を見越してインバウンド関連のサービスを考える事も出てきました。
神戸の郊外って廃墟化してるよね

新神戸駅徒歩1分の業施施設が廃墟化。店が潰れてゴーストタウン化した理由とは...?
https://youtu.be/z4oD07S3BF0
関西地域を中心に、都市交通、不動産、旅行、ホテル等を多角的に展開する中核の持株会社。鉄道事業とその他のビジネスのシナジーを図る。野球球団を含むエンタテイメント・コミュニケーション事業も構成比が高い特徴。
時価総額
1.12 兆円

業績

賃貸住宅の企画・建築、管理などの建設事業と、入居者の斡旋など不動産事業までをグループで展開。自社物件の「DK SELECT」ブランドなどの賃貸情報をWebサイト「いい部屋ネット」で展開。コンサルティング営業など営業を強化。
時価総額
1.20 兆円

業績