今日のオリジナル番組


詳細を確認
スタートアップのあるべき姿【Luup岡井大輝】
本日配信
171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
流行語大賞の年間大賞が、3年連続野球用語だったということで、一部で批判の声も強かったようですが、いろいろ調べてみると、時代の象徴としての変化が起こっていると感じたので、Yahooに記事でまとめてみました。

審査員の方々の平均年齢が60歳を超えているということなので、まぁ、この流行語大賞自体の傾向がある程度テレビよりになるのは当然だとは思うんですが、いずれにしても日本の1年間を振り返るという意味では非常に興味深い定点データの一つだと思うので、今後もウォッチし続けたいと思います。
なるほどー。流行語大賞がスポーツ関連が増えているとのことでとても面白い
ネットメディアが増えて歌やお笑い、ドラマなどのエンタメの嗜好が細分化していくと、国民共通の話題になり得るのはスポーツである、という仮説
もちろん、スポーツも本当の昔は野球と相撲だけだったものが、その後はサッカー、フィギュア、ラグビーなどは日本の「一軍」が増えたのに加えてバスケや卓球、カーリングなど昔より広がって来ている感じはありますし、野球にしても巨人一強から分散してきていますが、やはりオリンピックやワールドカップだったり、日本一を決める戦いのコンテンツの力はすごいということ
エンタメを横並びで見た中での「スポーツ」が持つ力の再発見ですね
流行語がそもそもどこの世代で流行っていて、どれほど飛び交っているのかという観点では、以前であればテレビが全てだったと思うのですが、今は世代によりけりですが、テレビよりネット上で情報を得る方が圧倒的に多いため、多様化したチャネルから最も人が多く認識したものがどれかと言うことになりますね。子供から流行している言葉を聞いても、おそらく得ているチャネルも違う為、私自身ハテナな時がありますし、流行という意味がどこで、流行したのか、今後もチャネルが増えれば増えるほど多岐に渡りそうです。
面白い考察

テレビから流行語生まれなくなってるのは実感あるし
スポーツの一点集中の集客密度とエンゲージの高さは代替すりものないよねというのが米国メディア環境みていてもワカル
時代が変わったのか私が変わったのかはわかりませんが、10年ほど前、小学生だった頃は流行語大賞でクラスが盛り上がっていた記憶があります。それが今では去年も一昨年も覚えていないですし、この記事を見るまで今年のも忘れていました。
決して大賞の言葉が全く流行っていないとは思いませんが、今後評価基準も変わってきそうですを

個人的には大賞よりもノミネートの方が「うわ〜流行ったよなぁ」としみじみ思えるので気になります。
テレビの視聴率がオリンピックをはじめとするスポーツでしか取れなくなっていることの証拠ですね。同時に見る必要が他のものにはないので国民的な流行を作るのが難しい
テレビ離れと同時にネットでの用語が話題になっているということですか…。
現在のトレンドを考えれば仕方のないことなのでしょうね。

ネットは、通勤通学などの電車の中ででも観ることができるので、受信機が必要なテレビとは人々が接している時間が圧倒的に長くなりますから。
個人的には○○した瞬間終わったわかなぁ。
テレビも野球も見ないからこのランキングは微妙
アレも全然流行った覚えはない。
クリエイターがテキストや動画など様々なコンテンツを投稿・販売できるプラットフォーム「note」を運営。企業へのクリエイター紹介や協賛企業とのコンテスト開催などクリエイターと法人の双方へサービスを提供。
時価総額
84.4 億円

業績

国内大手通信会社のソフトバンクを中心に、Yahoo!・LINEなどを展開するZホールディングスなどを子会社に持つ。持分法適用会社には中国ECサイト最大手のアリババなどがある。
時価総額
13.1 兆円

業績

国内最大手の通信事業者。地域通信事業や長距離・国際通信事業を運営するほか、移動体通信事業には子会社であるNTTドコモを、データ通信事業ではNTTデータを有する。その他、不動産事業や金融事業、建築・電力事業など多角経営。
時価総額
16.4 兆円

業績

Netflix's relatively simple business model involves only one business, its streaming service.
時価総額
38.0 兆円

業績

通称TBS。テレビ・ラジオの放送関連事業を中核に、映像・文化事業、不動産事業等を子会社で展開する持株会社。雑貨小売や化粧品製造販売、外食・洋菓子製造販売等も手掛ける。新聞会社との資本関係なし。
時価総額
6,840 億円

業績

関西地域を中心に、都市交通、不動産、旅行、ホテル等を多角的に展開する中核の持株会社。鉄道事業とその他のビジネスのシナジーを図る。野球球団を含むエンタテイメント・コミュニケーション事業も構成比が高い特徴。
時価総額
1.11 兆円

業績