453Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本は楽天と三木谷さんの世界的な挑戦を誇らしく感じて欲しい。凄い挑戦ですよ
人気 Picker
いろんな人が憶測でコメントするけど、世の中にローリスクハイリターンなんてあり得ないわけで。
あれだけの規模の会社になっても、ベンチャーよろしくリスク覚悟で勝負に出ている三木谷さんには、尊敬しかないですね。
元々「大勝負」で、想定通りにいかずに「大々勝負」になっているのが現実だと思う。

モバイル事業は、①技術、②設備投資、③顧客獲得の三つの組み合わせ。楽天は③顧客獲得について楽天経済圏で持っていて、その資金を用いることと新しく理論的にコストダウンできる①技術に賭け、②設備投資を効率的にするサイクルに入る勝負を仕掛けた。

①技術について、自分はそのメリデメを踏まえて何が正しいか判断する専門性はない。というか、こういうのは多分誰にもできない、やってみないと分からないもの。専門家の間で理論的に合理性があるから、ずっと研究がつづけられた。一方、理論と実際には様々な想定できる技術課題があるから、普及していない現実もある。それはユーザー数といった規模や、通信事業が元来国営事業で、インフラとしてリスク許容度が低いなども背景にある。
そのなかで、楽天は新規参入という観点でリスクを取りやすい。そしてそれは総務省のキャリア3社寡占に刺激を与えたいという監督当局として合理性とも合致する。規模が小さければ、想定できる技術課題への対策も相対的には立てやすくなる。ただ、想定できる技術課題がそもそも多ければ、想定できていない技術課題は実際やる中で当然山のように出てくる。

想定できない技術課題が出てくること自体も、当然想定している。でもそれが想定を超えて「大勝負」でいけるという勝算が、「大々勝負」となり、楽天経済圏のコアの金融部分などの上場を用いた資金調達につながらざるを得なかった。
これは③顧客獲得部分を弱めたり、自社価値の取り込みを減らすので、本来的には避けたい。そのタイミングでモバイル事業を止めて元来の楽天に戻すという、今回のチャレンジは失敗だったという総括も出来た。でも「大々勝負」にしてさらにリスクを取ることを三木谷氏は決められた。

株主や債権者は、リスクリターンが悪いといってその意思決定を反対することもあろう。自分はそのどちらでもないなかで、経営とか事業として正しいかは結果によってのみ判断されると思っているが、未知だが可能性があると考えられるものの社会実装のリスクを取り続けている点は、本当にすごいと思う。
実はトリリオンゲームの漫画最新刊ではモバイルに1兆円突っ込む起業家の姿が描かれています。ドラマではなかった先の物語りを読みたい方はぜひ漫画で。現実世界のチャレンジがほぼリアルタイムで漫画になり、発信され、共感者が増えるのはおもしろいですね。対人や対企業では好き嫌いがある人はいるかもしれませんが、対物語では好き嫌いを超えて共感する人が多いでしょうし、楽天が関わっているかはわかりませんが、いい企業PR手法になりそうです。
これからのECでモバイルは絶対に抑えたいポイントだと思います。
新しい技術にかけた三木谷さんの先見性が吉と出るか凶と出るかですね。
将来海賊と言われるように頑張っていただきたいです。
今の日本の経営者で、一番、勝負しているのが三木谷さんのように感じます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
どうなるか、引き続き注目したいと思います
提灯記事をトップで表示するNP
インターネットショッピングモール「楽天市場」を中心に、旅行予約サイト、ポータルサイト、電子書籍や各種デジタルコンテンツサイトなどを運営。FinTech事業では、楽天カードを中心に銀行、証券、電子マネーなどの金融関連サービスを手がける。楽天エコシステム(経済圏)のオープン化を推進。
時価総額
1.76 兆円

業績

業績

Amazon is a leading online retailer and one of the highest-grossing e-commerce aggregators, with $386 billion in net sales and approximately $578 billion in estimated physical/digital online gross merchandise volume in 2021.
時価総額
255 兆円

業績

Apple is among the largest companies in the world, with a broad portfolio of hardware and software products targeted at consumers and businesses.
時価総額
397 兆円

業績

消費者向け総合家電・メディア企業。テレビ・デジタルカメラ・スマートフォン・ゲーム機(プレイステーション)などデジタル家電、映画・テレビ番組・音楽などコンテンツ、世界トップシェアのイメージセンサーなどを手掛ける。事業ポートフォリオ再編を進め、2020年8月には上場子会社で生命保険などを手掛けるソニーフィナンシャルHDを完全子会社化。
時価総額
16.3 兆円

業績

「日経ビジネス」を筆頭に雑誌やニューズレターを発行。インターネットメディア事業にも注力しており、日経ビジネスオンラインやItproなど多数のサイトを運営、ユーザー数は出版社の中ではトップクラスの規模。

業績

Meta is the world's largest online social network, with nearly 4 billion family of apps monthly active users.
時価総額
175 兆円

業績

書籍、雑誌、コミックなどを発刊する総合出版社。コミック誌ではビッグコミック、少年サンデー、週刊誌では女性セブン、ファッション誌ではCanCamなどが代表誌。関連会社に集英社や祥伝社など。