• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米バークシャーのC・マンガー氏死去、99歳-バフェット氏の右腕

213
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    慶應ビジネススクール 教授

    つい3週間前にも「人は意思決定に自分のintelligenceを過信しすぎる」という彼のWSJのインタビュー記事をクラスで議論したばかりでした。「死とTaxは逃れられない」とう言葉がありますが彼でも死ぬんだなあ、なんて思ってしまいました。


  • badge
    証券アナリスト

    ご冥福をお祈りします。この年齢まで一線で活躍できたことが本当に素晴らしい。


  • ユーザベース SPEEDAアナリスト

    お悔やみ申し上げます。

    今のバフェット氏の運用スタイルは、元々のスタイルとは違い、それを変えたのがマンガー氏の「良いビジネスを買え」という考え方。
    はるか昔は相場環境が違ったというのもあるが、バフェット氏の投資スタイルバリュー投資のなかでもいわゆるグレアム流。PBR1倍割れのような会社に投資し、そこに時にはアクティビスト的な提案もする。本人は、道に落ちたタバコのわずかに残った吸い殻を集めて吸うような「シケモク投資(Cigar Butt Investment)」と呼んでいる。

    バフェット氏はBerkshire Hathawayを通して投資を行っているが、元は紡績の会社。シケモク投資として買って、経営権を得た。その後、マンガー氏と出会い、現在の投資スタイルに至った。
    現在のバフェット氏の「バリュー投資」というのは、優良企業の障壁(Moat)を活用した長期的な成長も含めた価値に対して割安(だと考える)企業を買うというもの。なので競争力の判断が分析・投資のキーであり、今の株価が割安か、ではなく、一般的なバリュー投資は違う(GARP:Growth at Reasonable Priceという方が適切)。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか