39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バイデン政権はまだいいのです。
 今回の会談後にも、また新たなウクライナへの支援が発表されるでしょう。

問題は、これから続く、今年のスロヴァキア、ポーランド、オランダの総選挙、来年の英国総選挙、米国大統領選などで、ウクライナ支援の方針が変わっていくかもしれないことです。
 ゼレンスキー大統領のワシントン訪問は、その時のために備えて少しでも根回しをしておく、というのが主要な目的ともいえます。
今の共和党支持層はウクライナ支援に懐疑的な人が多数なので、直接出向くなどして説得し続ける必要があるのだろう。泥濘期で攻勢をかけにくい季節が間近に迫っているので、それまでに一定に戦果を得て来年以降の継戦能力を確保する必要もある。
ゼレンスキー大統領は連邦議会を訪問し、アメリカによる継続的な支援を要求しました。ホワイトハウスにも行く予定とのことです。