今日のオリジナル番組


詳細を確認
AI時代に士業は生き残れるのか?
本日配信
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この期に及んで起用し続ける企業は、リスク判断能力が低く、かつ、人権意識も低く、短期的な自分たちの利益のためには、多くの人を傷つけることも良しとする企業であると高らかに宣言しているということだと思います。

それと、大阪市。
タレントに問題があったかどうかではなく、重大な人権侵害を行ってきた組織の存在を是認するかどうかが問われているということを多少は理解すべきでしょう。
有権者の見識も問われます。
「タレントがジャニーズ事務所と関係がなくなれば使い続ける」みたいな提案ってないのでしょうか?芸能界って本当にわからない。
別にタレントなんか他にいくらでもいると思うんだけど、それくらいズブズブだったんだなぁって感じるね。タクシー業界を異様に保護する政治勢力の構造と似てるね
基本的に企業はイメージアップのためにタレントの力を借りているので、逆効果になるなら依頼することはありません。そのタレントが社会的責任を果たしていない企業に所属していた場合はタレントの責任ではなく気の毒に思いますが、仕事を依頼するのがクライアントである企業である以上、企業の判断が全てです。

企業がどのように判断するかですが、立場を利用して「児童に対する性犯罪」を長期間行っていた代表者の過去の実態が不明確なままだと、犯罪に対する贖罪・精算がされているとみなすことはできず、一般に取引を継続することは難しいという判断が主流になると思います。特に、欧米は取引の際の規則が厳しく、児童に対する性犯罪の懸念が払しょくできないと判断した場合は、消費者の不買を招く恐れも考慮に入れると、日本企業より取引を避けたがる傾向にあると思います。

事務所がすべきことは、「どの角度から見ても隠蔽することができない」という社内の組織体制と、「被害にあわれた方に真摯に向き合っている事実」を社会に認めてもらうためにできることをすべてすることです。逆に、隠蔽や保身の雰囲気を少しでも感じ取られると、社会がざわつき、頓挫します。

この件に関して、企業が「頑張っているタレントをつらい立場に追いやる」などと考えると方向を誤る可能性があります。なぜならば、大多数熱狂的なタレントのファンからは構成されていない一般の企業顧客は、「タレントを応援するためであっても広く一般の社会的責任を軽視できる側」についてくれないからです。結果、タレントを応援したい一部の世論に応じてしまうと、多数の一般顧客の離反を招く可能性があると思います。

所属タレントも被害者と考えると、その受け皿としての芸能事務所を社会が協力して運営するなどの方法をとれば、一定の効果があると思います。
日本社会はどうして芸能界に関しては企業の信頼性、企業イメージに関する個々の事案について、甘いのだろうか。日本だけの特別のルールがあるように見える。
自動車大手。ルノー、三菱自動車との連携により事業の効率化を図る。電動化推進を2030年までの長期ビジョンに据え、ラインナップ拡充に取り組む。運転支援技術やコネクテッドカーシステムにも投資。
時価総額
2.36 兆円

業績

菓子、冷菓を中心とした食料品の製造・販売を主に行う。健康をテーマとした高単価商品、ブランドの絞込みで成長性と収益力強化。米国、アジア等の海外展開に注力。
時価総額
2,464 億円

業績

山崎製パン傘下の菓子メーカー。菓子製造のほか、自社小売店での洋菓子販売、飲食店を運営。カントリーマアムやホームパイ等のブランドを保有。洋菓子販売事業はフランチャイズ方式。海外展開にも取り組む。
時価総額
631 億円

業績

国内の化粧品メーカー大手。高級化粧品のアルビオンを傘下に持つ。「コスメデコルテ」を重点グローバルブランドとして育成強化。
時価総額
4,763 億円

業績

非鉄金属の国内大手で、鉱山開発から精錬まで一貫して展開。電池材料、結晶材料などの新規材料製造への大型投資を積極化。
時価総額
1.15 兆円

業績

調味料類の製造・販売を行う。肉まわり調味料、鍋物調味料が主力。特に「焼肉のたれ」「すき焼きのたれ」「浅漬けの素」で国内首位。「黄金の味」を中心に、ポーション調味料の販売規模の維持・拡大に注力。
時価総額
312 億円

業績

酒類や清涼飲料を中心に健康食品、花、外食など幅広く展開するサントリーグループ全体の経営戦略の策定・推進、およびコーポレート機能を有する。

業績

総合飲料メーカー。国内ビールメーカー4強の一角。一番搾り、のどごし生が主要ブランド。キリンビバレッジやライオンなどの酒類・飲料事業の他、医療用医薬品の製造・販売を行う協和キリンなどを子会社に持つ。
時価総額
1.88 兆円

業績

国内4強ビールメーカーの一角。酒類事業が柱。アサヒスーパードライが主力ブランド。飲料事業ではカルピスなどロングセラーブランドを複数保有。食品事業では技術力を活かした多彩な商品展開。
時価総額
2.60 兆円

業績

東京海上日動火災が主体。国内初の損保会社であり、創業から海外展開。海外では、先進国のスペシャルティ保険の利益や新興国での高い成長を取り込み、利益構成は国内・海外で同程度。
時価総額
8.85 兆円

業績

家庭用食用油大手。食用油の他、加工油脂やファインケミカルなどを製造・販売。原料の荷揚げから搾油・精製・充填まで一貫体制。中鎖脂肪酸を基軸とする独自の油脂技術が強み。
時価総額
1,730 億円

業績

国際・国内旅客、貨物を対象とする航空運送事業者。フルサービスキャリア事業を強化するとともに、新たな収益源の創造・育成にも挑戦。グローバルアライアンス「ワンワールド」に加盟。
時価総額
1.19 兆円

業績

国内4強ビールメーカーの一角。「サッポロ生ビール黒ラベル」、「ヱビスビール」などが主なブランド。不動産事業の「恵比寿ガーデンプレイス」が収益柱。
時価総額
4,910 億円

業績