• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

プレミアム会員限定の記事です
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

  • オリジナル記事 7,500本以上が読み放題

  • オリジナル動画 350本以上が見放題

  • The Wall Street Journal 日本版が読み放題

  • JobPicks すべての職業経験談が読み放題

今すぐ無料トライアル
学生の方はこちら
法人プランはこちら

コメント


注目のコメント

  • 株式会社モニクル 共同創業者、取締役

    日本人にとってはビックリするかもしれないが、外国人投資家で影響力のあるポジションにある人の中には、経営者に向かって「あなたの経営が酷いので株価が下がった。あなたが辞めてもらえれば…」みたいなことを平気でいう。つぶやくなんてもんではない。グーグルのC Share、議決権がない株を持ち込むというのもいろいろなことが持ち出されるがそうしたプレッシャーの表れかと。いずれにせよ業績が良い企業ほど、次の展開にプレッシャーかかるので株主は怖いのです。なので憂鬱なのです。


  • badge
    Interstellar Technologies K.K. Founder

    あまりにも検索連動型広告が大きすぎるということであり、そのお陰で面白いことできまくってる。羨ましい


  • Degas Ltd. CEO

    面白いのは、単純な広告主の数ではGoogleの400万件に対してTwitterは6万件と少ない。しかし、一広告主に対する売り上げはTwitterが2万ドルなのに対し、Googleは1.6万ドル。中小企業にも焦点を置いてるGoogleのこの辺りの事業戦略も注目したい。


アプリをダウンロード

この記事の著者 / 編集者


  • 株式会社モニクル 共同創業者、取締役

この連載について


インターネット広告の覇者としてのグーグルは、大きな岐路に立っているのではないか。グーグルの未来をリードしているというイメージとは違った一面、成長機会がなく追いつめられているグーグルについて、決算データを交えて考えていく。
この連載の記事一覧へ

新着オリジナル記事


配信メディア



今日のニュース


NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか