新着Pick
276Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ガバナンスに関して、面識のない方に依頼したということ以外は、どう考えられているのかが質問されていないのが残念。
数値に関して確認すると、2009年に久美子氏が戻った。金融危機の影響もあるだろうが2009年12月期は-15億の営業赤字、翌年は同約-1億。2011年からは黒転し10億程度の黒字となっているが、2014年12月期は-4億の営業赤字。ここは増税影響もあるだろう。業績だけでパッと見て明確な判断ができないところではあるが、インタビューに「(久美子氏の在任中に)業績が落ちたのではなく落としたと考えている」という言葉があるが、その根拠はインタビューでも数値でも分からなかった。
ただ「私が社長に戻らなければならない」という趣旨の言葉を繰り返しているのが気になる。社長に戻ることは株主・社員にとって良い結果をもたらすための手段でしかないはずなのに、インタビューを呼んでいる限りは目的となっている。また、「私らの世代にインターネットではだめ」とも書いているが、だとすればネットが大丈夫な人口層が増加する中での時間との戦いで、ネットが大丈夫な人がトップとなるべきと、自分なら考える。
絵に描いたようなステレオタイプの創業社長像に自らはまりに行ってる印象。ドラマ版『ハゲタカ』のおもちゃ屋の社長を思い出した。「創業者はいていいことになっている」なんて自分で言うのはいただけないでしょう。
つくづく創業者への引退の花道を作るのが如何に難しいかを再認識させられる。
二代目を支えられなかった周囲の取締役もいかがなものかと思います。
興味深い。確かに前時代的かもしれず、時代に取り遅れているかもしれず、会社統治の現代的な理解が薄いかもしれない。しかしこうした人情を持つ、極めて日本的な社長に対して、コンサル的な資料と経営理論と分析で押し通そうとしたのが失敗では無いだろうか。完全に経営権を握っているならばそれも出来ただろうが。
少し前に、概ね全て撤退に追い込まれた欧米のプライベートエクイティを思い出す。結局今でもしっかり日本で事業をできてるプライベートエクイティは、こういう人達との話し合い方も、筋の通し方も理解している。社長サイドには、そこまでの老練な経験は不足している。
繰り返しだが、正論だけで攻めれるのは、絶対的優位を持つ時だけだ。
この会長さ、結局この問題が「家族(身内)のゴタゴタ」だと思ってる節がある(特に5ページ目)

社長の言に一個一個反論するのは結構だが、結局プロキシファイトの要は「今後の戦略」の一点集約のはず。総会前に打ち出さないと委任状もらえないでしょ(それとも中古家具市場のやつだけなのだろうか)

ちなみに僕大塚家具行った時なんや色々書かされたけどね
1)大塚家具の戦略について。
高品質・高価格の商品を富裕層に売るビジネスモデルは存在する。それはそれでよいが、市場は小さいので筋肉質でスマートな経営が必要になる。超大型ショールームを各地に持つような経営では成り立たないでしょう。
2)一連の騒動について。
「正論」は久美子氏に見えるが、以前どなたかがコメントしていたように、「正論」は論破はできても説得はできない。その意味で今回の久美子氏の手法は失敗だったといえる。(この記事からは)都合のいいことしか聞いていないようにみえる会長もどうかと思いますが。
家具小売業界がイケアとニトリだけでは面白くないので、なんとか大塚家具にもがんばっていただきたい。
この親子バトル、小説かドラマにしたほうがいいんじゃないでしょうか。
双方の主張をのせるところはメディアとしては良いことですね
いったん、これまでの報道を全部忘れてこれだけを読めば、どちらの事業運営が正しいかは正直よくわからない
確かに社長氏には経験もないだろうし、会長に古きにこだわる、権力に固執するというイメージがつきすぎてるのかもしれない
か、ガバナンス不在であったり、戦略について語られてなかったり主張が変わってるように見えるのが信頼感を落としてるのは事実ですが
だからこそ経営の結果を数字と事実でちゃんと主張すべきだし、従業員がどちらを支持するのか公正な数字が知りたいですよね
この記事は、非常に興味深い!
会社は株主のもの。取締役は、株主から委任を受けて、株主のために働くという会社法の原則が広まってきつつあると思っていた。それなのに、この方は、心の奥底から、会社は社員のものだと信じてらっしゃるんですね。
旧態依然としていると批判できますけど、最近のコンプライアンス重視の風潮の中で、ここまでぶれない信条があり、臆することなく言葉にするのは、ちょっと潔い気さえしてきました。
これ、原作では、最後の最後に「涙ながらの親子和解」する話ですよね?確か。
今まで見てませんでしたが、会社提案の社外役員の候補に小売のセルサイドアナリストとして長年活躍してた朝永氏が入っている。久美子さんの方に正義があると言って味方することにしたそうな。

関係者によると足元では婚礼家具のキャンセルが相次いでいるそうです。そりゃこんな親子喧嘩してるところで婚礼家具は買わないわな。婚礼家具のシーズンは2〜3月なので、今年はどっちに転ぼうが赤字必至ですね。
株式会社大塚家具(おおつかかぐ、Otsuka Kagu, Ltd.)は、東京都に本社をおく家具販売会社である。対外的なコーポーレートブランドネーム(商標)としては「IDC大塚家具」(アイディーシーおおつかかぐ)の名称を用いている。 ウィキペディア
時価総額
67.5 億円

業績

株式会社日経BP(にっけいビーピー)は、株式会社日本経済新聞社(日経)の子会社で、出版社である。日経BP社などと表記される。 ウィキペディア