98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
習近平はプーチンに対し、この期間「両国間の各分野における協力は一歩ずつ推進されている」、「中国側は双方の核心的利益に関わる問題に対して、ロシア側との相互支持に力を入れていきたい」と主張。中国語の文言から滲み出るのは一定の距離感と保留です。

一方、プーチンは習近平に対し、「昨今の世界では多くの変化が起こっているが、唯一不変なのは、ロシアと中国の間の友誼と相互信任である」と指摘。

「唯一不変」という強い表現を習近平はどう受け止めたか。

今回の会談から解読できるのは、ロシアとの相互協力と支持を正視し、推し進めつつも、一定の距離と保留を差し出す習近平と、中国に何が何でもロシアの側についてほしいプーチンという構造。前者にとって、中ロ関係は「条件付」(現実的考慮)、後者にとっては「無条件」(希望的観測)とも取れます。局面は中国有利ということです。
中国の関心は、やはり経済的な実益であり、ロシアがNATOと対決すると言っていたり、ウクライナで戦争しているといったことには、我関せず、というのが実際のところでしょう。
 中国、モンゴル、ロシア首脳会談が行われ、モンゴルを経由したロシアから中国へのガス、原油パイプラインの新設を2024年に開始することなどが合意されました。
 もちろん、経済的実益のためだけでも、取引してくれる国はロシアにとって貴重です。

中国の関心は、東ヨーロッパではなく、太平洋にあります。
 ロシアは、中国海軍との合同訓練を太平洋で実施するなど、いざという時に中国の期待に沿うことを示唆する行動も、こまめに繰り返しています。
今回のウクライナ侵攻は、ロシアのハイブリッド戦争があまり上手くいかなかったという教訓を中国に与えたことは大きい。これで中国の台湾侵攻も再考を迫られることになるだろう。もちろんプーチン大統領は習主席には上手くいっていると説明するのだろうが。
こちらもあわせてどうぞ。

〈「中国は、ロシアと組んでウクライナの親米化を防ごうとしている──昨今の地政学情勢というのは、外の世界が想像しているような、そんな単純な構造ではない」〉

【分析】中国の「ウクライナ危機対応」方針を整理する
https://newspicks.com/news/6808922/body
習近平国家主席とプーチン大統領がウクライナ侵攻後、初めて階段を行いました。
「「中国がウクライナ危機で示したバランスの取れた対応を高く評価している」とし、台湾問題については「一つの中国」原則を厳格に守り、台湾海峡における米国の挑発に反対する」とプーチン大統領が述べたとも。
誰だよ。開戦時に中国が仲介役で停戦させられる、とか言っていた人は。

プーチン大統領、ウクライナ侵攻への中国の「疑問と懸念」認める
https://newspicks.com/news/7570940

>「ウクライナ危機に関する中国の友人たちのバランスのとれた立場を高く評価する。この点に関するあなた方の疑問や懸念は理解している」とプーチン氏は会談の冒頭で述べた。
悪の枢軸国