• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

新聞社で身につけた「文章術」はもっと社会還元できる(次世代ビジネス書著者創出)

NewsPicks NewSchool
293
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    毎日新聞 客員編集委員

    宣伝話ですみませんが、毎日新聞は、文章力も含めた記者のスキルを体系化して社会人や高校・大学生の教育プログラムをつくっています。東京理科大学の井藤元教授が毎日新聞記者からヒアリングをして編み出したもので、企業研修や教育現場で喜ばれています。こういう記者の暗黙知的なスキルをどんどん可視化して共有することは、意外な社会貢献になると思います。

    https://www.mainichi.co.jp/kishatore/program_carreer.html


  • 朝日新聞社 メディアデザインセンター 部長

    野上さんは同じ時期に新聞社の国際報道部で席をともにしたことがあり、尊敬する元同僚の一人です。
    新聞記者が紙面に記事を書く場合、限られたスペース(かつ、多くの場合非常に狭いスペース)の中に情報を過不足なく入れ込むためにニュースのポイントをいかにコンパクトにまとめるかや、記事の信頼性のためにデータやエビデンスをどう使っていくかといったことをたたき込まれます。
    新聞記者も、ビジネスパーソンのみなさんも、「伝えたい相手に」「伝えたいことを」「伝わるように」書くことが求められている点は共通。その意味で、野上さんの取り組みはとてもいいところを突いていると感じました。


  • badge
    講談社 宣伝統括部担当部長

    新聞記者、書籍編集者、雑誌編集者、ウェブメディア編集者、それぞれの文章には特徴があり、おもしろいですね。
    もちろん、個人の違いはおおきくあります。
    が、それでも特に新聞記者の文章は特徴的かもしれませんね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか