• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

北朝鮮 弾道ミサイル 岸防衛相“日本のEEZ外に落下と推定”

NHKニュース
188
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 相良 祥之
    badge
    地経学研究所 主任研究員

    北京オリとパラの合間にミサイル発射。去年も2月のミャンマーのクーデターのあとの3月に弾道ミサイル発射、8月のアフガニスタンでのタリバンが権力掌握したあと9月に鉄道機動ミサイル連隊の発射と、国際情勢が動いているときに注目を集めるような発射を繰り返してきた。

    防衛省 2019年以降に北朝鮮が発射した弾道ミサイル等
    https://www.mod.go.jp/j/approach/defense/northKorea/pdf/nk1-2021.pdf


  • 川端 隆史
    badge
    ジョーシス株式会社 シニアエコノミスト

    ずっと前に「朝鮮半島クライシス」という特集を組み、特集を組んでいる最中にもミサイルが発射されました。ウクライナ情勢で危機感が広がっていますが、隣には、ボンボン撃ってくる隣人おり、ある種の「常態化したリスク」になっています。

    「朝鮮半島クライシス」
    https://newspicks.com/book/584

    このうち、当時からのアップデートは必要ですが、基本的な視点として、下記。武貞先生と神保先生の豊富な知識かつ各国当局者とのネットワークからの情報も踏まえたシャープな分析が未だに光ります。
    「日本人が知っておくべき朝鮮半島リスク」
    https://newspicks.com/book/584


  • 小島 俊一
    中小企業活性化コンサルタント 元気ファクトリー(株) 代表取締役

    北朝鮮からミサイルが発射されても、着弾するまでは捕捉出来ないのが現状です。
    着弾後に政府要人が「情報収集と分析に全力上げる」日本です。
    この事を前提として外交を考えておかないとウクライナの惨状は他人事ではありません。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか