新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「いずれはインフルエンザと同じように、体調の悪さを自覚したら誰でも近くのクリニックで処方してもらえるよう供給体制を整備したい。」

これは科学的根拠に基づかない、無責任な発言と感じます。この段階でこのような発言をされると、誤解を招くのではないでしょうか。

モルヌピラビルの試験で示されたのは、あくまで重症化リスクのある人に対する入院予防の効果であって、それ以上でもそれ以下でもありません。

この薬が誰にでも有効かはまだ分かりません。副作用のリスクはそれに見合うのでしょうか?それが示されなければ、仮に承認されてもこの薬でそのような処方はできませんし、不適切な処方となりえます。
日本では承認されていませんが、見出しは政府の要請を背景とする発言でしょう。新型コロナワクチンの承認以降、日本国内の臨床試験がなくても、米国で緊急使用許可されれば、日本でも薬事承認されるようになっています。米メルク社が開発中の「モルヌピラビル」も日本独自の臨床試験を実施していませんが、米国で緊急使用許可が得られれば、日本は正式承認するものとみられます。

「モルヌピラビル」の臨床試験の有効性の成績は良好と思われますが、確認されている症例数がワクチンと比較して極端に少ないため、安全性の確認は十分な水準に達していないと思われます。当薬剤は、市場に出された直後は、臨床試験を補うために慎重にモニタリングされる対象になると思います。

臨床試験の結果、米国での承認・供給の見通しは、以下の記事でコメントしています。
「コロナ飲み薬、重症化リスク半減 メルク、米で使用許可申請へ」(時事ドットコム 2021年10月2日)
https://newspicks.com/news/6234069?ref=user_1310166

「モルヌピラビル」は、ウイルスの遺伝子複製を阻害する作用機序をもつ抗ウイルス薬に分類される医薬品で、新型コロナウイルス感染症の治療目的として新規に開発されたもので、内服薬です。近い系統の医薬品に抗インフルエンザ薬として使用されているものなどがあります。一般に、ウイルスの増殖抑制を目的とするという作用機序の医薬品は、感染初期のウイルス量が比較的少ない時に使用されます。炎症反応にも効果がないため、重症以上には使用されません。

軽症・中等症に使われる抗体医薬品(注射剤)とは、「投与経路が異なる」点が強調されますが、それよりも「作用機序が異なる」点に注目する必要があります。抗体医薬品は侵入したウイルスに対し、遺伝子組換えで動物の生体で作らせた抗体をヒトに投与してウイルスの毒性を中和させるもので、全く異なります。抗体医薬品は一般に高価で、抗ウイルス薬は比較的安価です。

一般に作用機序の異なる医薬品の組み合わせは相乗または相加効果が期待できるため、「モルヌピラビル」承認後、併用療法も臨床試験で検討されるでしょう。

抗インフルエンザウイルス薬の特異的副作用に「異常行動」が知られます。この点ほか、頻度が少ない副作用の出現を知るために、承認後も慎重にモニタリングされます。
経口の抗ウイルス剤についてはとても前向きな報道が多いし、ポジティブな受け取り方をされる人も多いのが不思議。毒性の無いmRNAを注入して抗体を作るワクチンは否定されることが多いのに、RNAの複製そのものを抑制する抗ウイルス剤の方が安全というのは迷信もいいところなのでそれこそ安全性が確認された範囲でのみ使われるべき。変異に繋がる可能性もあるし、乱用はかえって危険になることだってあり得る訳で。この手の内容は医師、特に細胞周りの研究に携わる人の意見を参考にしておきたいところ。少なくとも製薬会社のポジショントークに振り回されないようにしたい。
パッと写真を見ると「シャウエッセン」みたいですよね。うちの子供にはそう見えたようです。どうしてこういうカラーリングになったのかなと思いました。記事の中身と関係なくてすみません……。
アビガンと同じRNAポリメラーゼ阻害薬のはず。アビガンは動物実験において、初期胚の致死及び催奇形性が確認されていることから、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないとされている。
これが作用機序に起因するのかは専門の方の意見を知りたいのですが、少なくともメルクの動物実験のデータを全量精査すること、安全性について十分な理解がいることは間違いないかと。
若い人から壮年期の方はとくに。
製薬には詳しくないですが、大学でバイオサイエンスを学んだ身として…この経口薬、結構怖い仕組みなんですよね…
考え方によってはワクチンより不思議な方法でコロナの発症や重症化を予防しています。

mRNAを使った治療薬やワクチンはもうスタンダードになるのかな…
レムデシビルも含めて、抗ウイルス薬がどうして効くのかよく解明されていない気がするんだよねー。遺伝子の複製を阻害する薬なので、当然人体にも有害だし。
ウイルスが複製するときにエラーを生じさせることで、ウイルス増殖を止める効果があるそうです。しかも比較的簡単に製造出来るとのこと。インフルエンザのタミフルに相当すると考えて良いと思います。コロナがインフルエンザと同じ扱いにあるのに大きく一歩近づくと思います。
メルク(Merck KGaA、、北米における名称はEMD、いー・えむ・でぃー)は、ドイツ・ダルムシュタットを本拠とする化学品・医薬品メーカーである。その始まりは17世紀にさかのぼり、現存する医薬品・化学品企業としては世界で最も長い歴史を有しているとされる。メルクの資本の70%は創業家であるメルク家(en)によって所有されている。 ウィキペディア

業績