新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
きな臭い嫌な状況になってきました…昨日のマックスとルイスの接触は、かつての、アイルトン・セナとアラン・プロストの確執に似てきた感じです。

これまでは、かなり余裕だったルイスが、最近、マックスに勝てなくなってきて、マックスもかなり強引にルイスを抑えている場面がありましたが…昨日のルイスの接触は、とても危険なものでした。

高速コーナーで、先行車のリアに自身のフロントを接触させる…

個人的には、あの抜き方は、やってはいけないものであり、+10秒のペナルティでは甘いと感じたくらい危険なものでした。

結果的には、マックスは無事だったのですが、高速でバリアに突入したため、なんと51Gもの加速度をうけたようです。無事でなによりですが、ひとつ間違えば、大きな事故になった可能性も大きいです。

次戦以降、この二人のチャンピオンシップ争いが、「安全なもの」になることを祈ってやみません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ルイスの行為は危険だが、スチュワード(審査会)の裁定が甘い。もっと厳しく取り締まないかぎり、フェアなバトルは続かない。
予選にスプリントレースを実施した、歴史的な1戦がおわりました。結果としてはイギリス出身のハミルトンが大逆転勝利。通算99勝目をあげました。また、このレースはイギリス政府が指定した有観客のテストも実施されており、決勝では14万人の観客が入っていました。久しぶりに満員になったスタンドから、多くの歓声が映像に入ってくるのを久しぶりに観た気がしました。
レースは、スタート直後にハミルトンとレッドブルのフェルスタッペンとの接触があり、、フェルスタッペンがリタイア、その接触でハミルトンには10秒のペナルティが課されましたが、ハミルトンは、それを取り返す走りで最後に大逆転。興奮冷めやらぬハミルトンのユニオンジャックを掲げてのウイニングランはとてもかっこよかった。地元のレースで久しぶりの勝利を手にできたことがどれだけハミルトンにとって大きなことだったかを物語っていた。
シルバーストーンでの英国GP、ホンダ勢の7連勝を期待していましたが、そうは問屋が卸してくれなかった!フェルスタッペンリタイアしたんですね...
Premiumを無料で体験
登録・ログイン