新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ICタグ化できればロストは起こりにくいとは思いますが、その導入コストなどがネックになるのでしょうか。

荷物が届かない場合、緊急で購入した着替え類などは精算してもらえることがあるので航空会社との契約や各種旅行保険(クレジットカード付帯のものも)を事前に確認されることをおすすめします。クレジット付帯の保険の場合、その旅行のための何かに支払いをした時点から保険が発生となっているものもあるので注意するか、必ず航空チケット・空港までの交通費などのいずれかをクレジットで支払うよう癖をつけておくなどの工夫をすると良い場合が多いです。

私は出張の同行者がロストバゲージならぬ、レフトバゲージを経験したことがあります。現地で荷物がつかないのだけど、航空会社に調べてもらってもどこに行ったかすら全然わからない。それもそのはず。成田空港にぽつんと取り残されていたからDBにも載せられてなかった。
返却遅れに返金は、他のビジネスモデルにも転用できそう。

格安航空会社が象徴的なノンフリル型ビジネスモデルは、航空券を安く販売しオプションが必要なら追加で払うというものでした。
今回の返金は、一定額払っておいて、不備があれば返金していくもの。

顧客側は、不備で不満を抱いても返金されるので、不満を貯めにくい。
会社側も、オペレーションミスが業績に直結するので、真剣さが増します。

たとえば、飲食店に転用して、不満を抱いたら返金する仕組みが面白いかも。あとは主観的な不満をどう対応するかですね。
返却遅れに返金を義務化することは、航空会社に対して、手荷物取扱いにいい緊張感を与える意味で、いいアイディアだと思う。欧米の航空会社の手荷物の扱いは、日系航空会社よりもぞんざいなところがある。
飛行機を頻繁に利用する方には朗報?消費者保護の観点からの導入だそう。
「新規則案では、国内線は目的地到着から12時間以内、国際線は25時間以内に手荷物を返却できなければ返金を義務化」