新着Pick

研究者の中国「千人計画」参加、国立大の3割が把握せず…政府指針がないことなど理由

読売新聞
優秀な科学者を集める中国の「千人計画」など外国の人材招致事業について、全国の国立大学の約3割が、所属する研究者の参加状況を把握していなかったことが読売新聞の調査でわかった。地方の大学が多く、政府の指針がないことなどを理
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上意下達でない非集権的な大学組織ならでは、といったところ。研究者には「学問の自由」があり誰がどのような研究をどう進めようと、集権的に把握はしない慣例が、今回は徒となったようだ。研究者が研究上不祥事を起こしても、それは研究者本人の責任であって、大学の組織的責任はないという立場もある。そして、国立大学は、文部科学省が指示すると動く(がそうでなければ進んでそうはしない)という行動様式も、露呈した形になった。
それだけ大学が自分の大学に所属している研究者に興味がないという事か?

大学側は本気で研究者の環境や処遇、キャリアと向き合わないと、当然の事ながら人は離れる。

研究者が離れ、研究の質が低下し、負のサイクルが起こってしまう。
国立大学は国策大学ではなく、私たちは日本の国のために研究をしているのではありません。軍事研究の禁止は大学の基本方針ですので、防衛書から補助金を得て研究をすることは絶対に許すべきではありませんが、中国を含む多くの海外の研究者と共同研究を行うのは当然のことです。こんなことを問題視する前に、日本学術会議の推薦にもかかわらず承認されなかった6名について、速やかに任命がなされることを求めます。梶田会長ももう少しちゃんと闘ってほしいと思います。
研究者といえども国立大学法人から給料をもらっている従業員でしょ。

就業規則とかないのでしょうか?

これを機に、国立大学法人の従業員の管理状況をしっかり把握すべきだと思います。
まあこの件に関しては、対中特殊関係になりつつあるメリケンは参考になりませんからねぇ ほっとく訳にもいかないので、ニホン独自の制度対応が必要ですねぇ、そういうのあまり得意ではいらっしゃらないかもしれませんが
グローバル化しろとはいうが対中国は管理しろと
これまで産学連携の推進や、個人の資金調達を奨励してたのとは真逆のことが起きてるね
所謂みなし公務員というのはどの程度自由が許されるのか。法的にはどうなのでしょうか。
全く把握していないというのは組織として大丈夫なのかと正直思いました。ただ、やはり、みなし公務員の責務がどのように整理されているか気になります。