新着Pick
401Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
煙に巻かれたのか、会見の理解が違っているのか分かりませんが、物流がどうのこうのと今回の件は関係ないでしょう。CASEは一社で賄えない、個性は残して共通化出来るものな仲間同士で出来るだけ共通化するという当たり前のこと。

それよりトヨタは相変わらずスローな会社再編(組織再編はドラスティックなのに)をやりますが、どうやってマネージするうもりなのかさっぱり分かりませんね。

News Picksに限りませんが、トヨタに対してメディアらしい突っ込みを入れられていないのが気になります。
人気 Picker
国内中心の話なのが気になっている。
乗用車大手に比べてトラック大手は日本の売上比率が大きく、日野は売上1.8兆円中1.1兆円(約6割)、いすゞは同2.1兆円中0.8兆円(約4割)。「現在」を見ると、国内が中心になるのは分かるし重要なのだが、自動車自体という観点ではグローバルにどうやって攻めていくかが個人的にはもっと議論として出てほしかった。
なお、物流全体の議論も記者会見のなかで出ている。そのなかでコネクテッドの話も出ている。この座組に物流企業が出てくるかが国内文脈では次の注目点。あと、そのデータをオープン化するか。というのは、物流は多層構造で一人親方的な小規模事業主も多い。物流大手はデータ化を一定進めているが、規模が小さければできないなかで、トラック自体でそれができれば、色々変わる可能性はある(トラックの制御系ではなく物流観点では、スマホなどで分離した形でもいいのではないか、とは思うが)。

昨日の下記初報でコメントしたが、出資・提携観点では、記事の図に加えて、MONETなど戦略子会社を足して、その先の提携関係も考えたい。
MONETには日野はもちろん、いすゞもホンダも出資。そしていすゞとホンダの両方ともGMとも中を深めている。また、いすゞは昨年Volvoとさらに提携を深めてUDトラックスを取得したばかり。
あとはコネクテッド文脈では、Woven Cityの文脈で、NTTと業務資本提携もした。物流課題は、都市課題でもある。ただ通信企業という観点では元々KDDIが近いし、MONETではソフトバンクと。自動車・トラック・通信の全てで、全方位戦略。
https://newspicks.com/news/5710540
トラックの雄、いすゞと日野がトヨタ主導で連携することになりました。

協業領域はCASEが想定されていて、当面はFCトラックをどのように活かすかが注目点だと思っています。
ただ、この2社のトラックは、国内のシェアの7割を軽く超えています。
つまり、コネクテッド領域でプラットフォームを一元化できれば、世界最大規模のビッグデータが集まることになります。

物流の差し迫った課題を解決するだけでなく、未来に向けた攻めの一手につながる展開を期待したいです。
もう国内のシェア争いをしている時代ではないのでしょう。
トヨタの豊田章男社長がおっしゃる通り今は100年に一度の大変革の時代なので協力して海外、そしてEVに対峙していく必要があるのだと思います。
それにしても凄い組み合わせの資本提携ですね。
日本にトヨタがいてくれて本当に良かったです。
これだけ物流クライシスが叫ばれているにも関わらず現場の積載率や稼働率はなかなか上がってこない。トラックのDXと荷主のDXが必要ですね
"トラックの積載率は「50%を切っているのが現実」(いすゞ自動車 片山正則社長)だ"
スマートシティに注力している理由も明確ですね。マーケットニーズを読み取って、いきあたりばったりで独立した施策を打っていくのではなく、将来の目指す姿から必要なパーツを具現化していくというステップが非常に魅力的だと改めて感じました。

---
電動車は、インフラとセットでなければ普及が難しいということを「ミライ」の導入で実感しました。
長距離を走るトラックドライバーのためにも、の自動運転の必要性は前から言われてましたが、トラック会社が個別に対応できない話だし、トヨタが今回絡んだように自動車業界としてタッグを組んでやるのが1番効果的です。希望を言えば、この流れにふそうやUDのような外資メーカーも入ってくればなお良いんですけどね。
ひっ迫する物流、時代の要請としての脱炭素。
ライバルが手を組むには十分な下地が整ってるってことか。

>電動車は、インフラとセットでなければ普及が難しいということを「ミライ」の導入で実感しました。

CASE技術を磨きこみ普及させるぞって意気込みの豊田さんの言葉が重い。
まず、自動化、脱炭素、
人手不足、グローバルルール、変化の要請あり、かつ
グローバルに勝ち続けるために先行すべき商用車分野。
これからの企業を超えた実践に期待
独禁法の問題はあるかもしれませんが、日産や三菱、ホンダもトヨタと組んで「オールジャパン」で行くべきだと思います。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.6 兆円

業績

日野自動車株式会社(ひのじどうしゃ、英語: Hino Motors, Ltd.)は、主にトラック・バスといった商用車を製造する日本の自動車メーカーである。通称「日野」、ローマ字表記は「HINO」。トヨタ自動車の連結子会社でトヨタグループ16社のうちの一つ。 ウィキペディア
時価総額
6,521 億円

業績

いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英語: Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスなどの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。1916年(大正5年)創業。 ウィキペディア
時価総額
1.21 兆円

業績