新着Pick
1455Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
非常に興味深い内容の記事でした。

データ分析は誰にでもできるようになるが、人々がなぜそのような行動を取るのかという理由を見出すの力が必要となるのですね。

「なぜこのような行動をしているのか?」
自分自身でもわからないことがしょっちゅうありますから(笑)
人気 Picker
新刊『デジノグラフィ インサイト発見のためのビッグデータ分析』を取材して頂きました。
ビッグデータは確実に民主化されつつあります。皆さんもスマホに溜まっている自分の歩数と行動範囲、子どものSNSの合計時間や時間帯をチェックすることもあるのでは?先月に比べて増えたか減ったか、平日と休日でどのくらい差があるか、勉強してるはずの時間にSNS見てないか。それらも自分や家族の中に蓄積されたビッグデータの分析です。そして、世の中全般のデータを分析できるオープンなツールも広がりつつあります。
もちろん、データはただのデータであり、人間がそれを解釈し、背景を読み解くこと必要です。そしてそれに一番適しているのは、様々な暗黙知を蓄積している現場に身を置く人。そんな方々自身がビッグデータを分析し、新しいアイディアにつながる発見をできるように、というのがこの本を書いた動機です。
NewsPicks同様、インフォグラフィック満載の楽しい本になっております。amazonのページでも内容一部ご覧いただけますので、ぜひ御覧ください。
https://www.amazon.co.jp/dp/4883355101/
マーケッティングにはじまり、貧困、環境問題など様々な社会問題の炙り出しや解決策に使えそうですね。早速予約しました。
分析技法は、数多あり、どのようなものが多く使われているか理解できる。但し、データ分析の結果だけを見ても、人間のコンテキストを読み解くとは限らない。仮説思考を高め、リアルデータでの検証の繰り返しが、人間の納得感を生む。データの"向こう側"を読み解く、多次元"What If"思考を意識したい。人間のアンコンシャスバイアスをニュートラルへ転換し、新たな"気づき"を得られるものに繋がると思う。データ分析の価値を高めるには、ツールを使い熟すだけではないことを強く認識したい。
実践フレームワークも面白トリビアルもあってとっても面白く為になる、ありそうでなさそうなデータ分析指南本。
「人の欲求や価値観を高解像度で理解する」
マーケティングの基本。
人間理解は、経験と想像とデータをいったりきたり。
ゴールはないけど、進むしかありません。
ビッグデータ分析は有償のデータソースやツールであっても、安価で利用できるものが増えていて、導入のハードルは確実に下がっているといえるでしょう。

今や企業規模にかかわらずデータ分析は必須の時代です。
コロナ下で奮闘していた企業はコロナ前からデータ分析など
準備をしてきたことで、好循環を作りだしています。

集めだしたデータをどの角度から光をあてて読み解いていけるかが、今後のビジネスパーソンに求められてくるような気がします。
データを読む習慣と、データの意味を考える習慣づけが大切ですね。データの表層をなめているだけの人が意外に多い。
見出し。「一億総○○」とか使わない方がいいのに。


とはいえ、データを根拠とした考察が誰にでもできるようになる環境は歓迎。ただ、「誰でもアクセスできる」と「誰でも使える」とは全く異なるわけで、使える人と、使えない人との間に深い谷が発生するように思える。
博報堂的な王道的理論ですね。これで、大ハズレや的外れは防止できそうです。

しかし、当たりを当てられるか…は疑問です。何故なら、「今あるデータ」から、お宝をマイニングすることは、過去の事例をみてもわかるように、難しく、「どうやってお宝につなげられるデータを設定するか」が鍵であることが多いからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。