新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の医薬品の政府承認では、製造設備は重要な条件として工場ごとに行われるのが通例です。WHOでもそのような規定から、アストラゼネカ社製ワクチンの韓国・インドへの委託製造分について許可を行ったという理解でしょう。アストラゼネカ社は、委託工場の世界展開を行っており、日本のJCR(兵庫県)にも製造を委託し、現在製造ラインの建設・構築中です。

記事中の「高所得国に承認申請を行うと同時にWHOに対しても申請」というのは、WHOはワクチンメーカーに対し、「COVAXを通じての供給も同時に求める」との要望にあたります。日本は、契約通りの供給を企業に主張するのか、人道支援や公衆衛生上の要請を理解するのか、どちらをとっても今後の議論になるものと思われます。ワクチン・ナショナリズムおよびワクチンを通じた国際協力については、こちらの記事で議論されています。
https://newspicks.com/news/5615721?ref=user_1310166

世界的にワクチンは争奪戦の状況になっています。感染率の高い国、感染リスクの高い方を優先して供給するという公衆衛生上の優先順位も考慮すると、難しい問題です。
WHOを中心としたCOVAXの取り組みは、このパンデミックの収束に向けて最も重要視される国際協力の一つです。

いくら一部の先進国でワクチン接種が進んでも、ワクチン接種の進まない国で感染流行が続き、ウイルスの複製が続ければ、やがてはワクチンが無効な変異株が生まれ、再びパンデミックが再来することも考えられます。

発展途上国でも、まずは高齢者や持病を持つ方などにしっかりとワクチンが届けられる必要があります。そのために身近な自分の国でワクチンの供給が遅れてしまう可能性もありますが、国際協力が欠かせない点につき理解をしておく必要があります。
「供給および業務上の課題はあるものの、2021年上半期には3億回分以上のワクチンが公平な供給を目的とした国際的な枠組み『COVAX』を通じて145カ国で利用可能になると期待される」とは凄い!
インドと韓国で製造するアストラゼネカ製ワクチンということですか。
「インドのセラム・インスティテュート・オブ・インディア(SII)と韓国のSKバイオサイエンスが製造する」アストラゼネカ製ワクチンの使用が承認されたそうです