新着Pick
250Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私がトヨタに最も期待しているのはリスペクトを社会に届けること。それだけ社会にリスペクトが欠如していて、自動車産業もリスペクトを欠いていた部分があった&あるからこそ。また日本を代表し、世界からもリスペクトされているトヨタだからこそ、行動の意味がある。常々、そう思ってきました。今回の行動がまさにそれにかなっていて、ますます章男社長およびトヨタが好きになりました。

「トヨタが何を大切にしているのか、世界をどのようにみているのか、皆様に正しく理解してもらうためには、ここで沈黙してはいけないと判断した」
社内でずっと議論してきたと書いてあります。今議論が起きていない会社はかなりまずいのではないでしょうか。
日本企業のモデルを示した行動です。
今年のこの事件は、日本が「女性活躍」ではなく「平等」に向かい合うきっかけとなるかもしれません。
すっかり忘れられているが、トヨタの豊田章男社長は2015年末に組織委員会の副会長を突如やめている。
「組織委員会のヨレヨレの体たらくが理由…会長の森喜朗元首相の老害的妄言をはじめとする横やりに右往左往状態…」

https://www.j-cast.com/2016/01/10254870.html?p=all

 明後日金曜日の組織委員会の懇談会は理事35人が出席する。森喜朗発言問題を話し合うが、誰も森喜朗辞任を言い出せないだろう。自由に発言できない会議なら開いても無駄だし、そもそもそのような組織に役員として参加する意味はあるのかだ。豊田章男社長は、だから憤然と去ったわけである。
こういう会社や社長の意思を感じる発信は素晴らしいなと思います。YouTubeでのトヨタイムズしかり、今の時代は自らが発信して共感を生むことが大事な時代だと感じます
さすが。ESG投資ムーブメントの中で、こうした発言に対して何もしないはリスクの可能性も。理念、そしていろんなバランスを考慮してのご発言かとも推測
政治については私は素人なのでコメントすることにためらいがある。
でも、政治家はどんな立場であっても良いので、弱者であった経験を持つ人であって欲しいと思う。常に強者であった人達が政治をする社会が人を思いやれる社会であるのだろうかと思う。
丁寧に選ばれた真摯な言葉から、重ねられた議論の厚みを感じました。企業への共感やロイヤルティを高めるのは、社会に対する前向きな眼差し。

「社内でも議論を重ねてきた。その上で、トヨタが何を大切にしているのか、世界をどのようにみているのか、皆様に正しく理解してもらうためには、ここで沈黙してはいけないと判断した」
トヨタと豊田章男社長はいろんな意味で「範」を示してきたと思います。
今回もそれを示した、そして、これからもそうであってほしいです。
「ここで沈黙してはいけないと判断した」

豊田章男社長、カッコいいです!!
「ここで沈黙してはいけないと判断した」とのこと。発言力のあるスポンサーが考えを明確に表明すること。素晴らしいですね。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.1 兆円

業績