新着Pick
144Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウイルスの遺伝子は1ヶ月に2塩基ずつ変化しており、その変異が感染に影響を及ぼす領域に起きたということです。

https://www.niid.go.jp/niid/images/research_info/genome-2020_SARS-CoV-MolecularEpidemiology_2.pdf

イギリスから発生し、ナイジェリアで発生しており、輸入例でなくても国内で発生する可能性はあります。

新たな変異種という表現で恐怖が先行してしまいますが、我々ができる感染対策はこれまでと変わりません。

三密回避、会食回避、マスク着用、手指衛生

次の一手としてワクチン接種

そして、ITを用いた孤独の回避も取り組むべき対策の一つです。
これはどんな対策をとったとしても、ほとんど疑いの余地がないことです。また、変異がこれで終わるわけでもありません。長い目で見れば、ワクチン耐性を考慮すべき時期も来るでしょう。

ただし、現時点でのやるべき感染対策に変わりはないので、「変異」という言葉に踊らされる必要もないと思います。

ウイルスは賢く進化を遂げ続けるので、私たちも賢く成長していかなければなりません。ワクチン事業の継続は、疑いの余地なく課題解決の鍵の一つだと思います。
外国に出たパイロットが現地で一般国民と全く接しないならともかく「航空機のパイロットだったため検疫の対象ではなく」というのはちょっと不思議な気がしますけど、それがルールということですか・・・ (@@;フーン
それはともかく、誤解を恐れず敢えて言うならば、感染力が高く致死率が低いこのウイルスは、感染症の専門家にとって、注目を浴びて活躍する場をこれまでになく長期間与えてくれる“僥倖”で、ややもするとリスクを煽るインセンティブが働いても不思議ではありません。
「今後も感染が増える可能性がある」ことも「基本的な感染対策の徹底」が肝要なことも、専門家ならずとも言えるはず。「専門家」と銘打って警告を発する以上、感覚的な話に止まらず、専門家としての判断事由を検証可能な形できちんと示してくれる記事だと嬉しいな・・・ (・・;
メッセージが大切。「基本的な感染対策の徹底」というだけではダメでしょう。変異株の感染率は強い訳ですから、「徹底していない人や企業は要注意。徹底している人は、さらに何ができるか」というのを伝えて欲しいですね。買い物を消毒してマスクも毎日洗っていて、あとはどうすればよいのか。
また、パイロットに検査をしていないのは、腑に落ちない。
変異の一般的仕組みの説明を聞いた。

素人としては、変異株の感染力が強いことは間接的(統計的?)推定と理解した。重症化力や年齢の違いによる感染影響はまだ分からず、複数の変異株の関係も分かっていないようだ。ワクチンの有効性も推測にすぎない。

つまり、いろんなことがまだ分かっていない。今時の言葉でいうと「エビデンス」はない。

それでも、政府は外国人の入国を遮断する決定をした。
ならば、なぜGo-Toによる人の移動を止めなかったのか?
「エビデンス」がない限り止めないのが理屈ならば、なぜ入国を拒否する?

この一貫性のなさが不信感を募らせる。
何らかの私的利益のために、理屈を「捏造」しているだけではないかと不安になる。
ダブルスタンダードというには、あまりにリスクが大きい。
やれる対策をとるということに尽きると思いますが、今年の春ぐらいはマメにしてきた個人レベルの対策が慣れとともに雑になってきていた面は我が身を振り返ってみてもあります。基本に立ち返って注意するきっかけとして変異種というものが存在することをきちんと恐れることは、タイミングとしても重要ですね。
コロナ騒動で判ったのは専門家が言う事は信用出来ないという事
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア