新着Pick
265Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
極めて重要な記事です。

第3波は、明らかに重症度が上がったことがわかりますし、軽症者ばかりが入院しているわけでもありません。
第3波は、第1波や第2波とは異なります。
中等症・重症患者さんをカバーできる病床(ICUを含む)は、『もともと』少なく、緊急性の高い病状の方を受け入れるのが難しくなる状態に陥っています。

指定感染症を外して第5類感染症に…という論調を見かけますが、そこは本質ではないでしょう。

指定感染症=第2類ではありません。

指定感染症とは、今回の記事のように『閣議決定で柔軟に制度を変えられる』というものです。当初、第2類準じて骨格が決められただけで、その後、変更が加えられているのです。
第5類にすると、その範囲から柔軟に変えることができなくなりかえって弊害が大きいと言えます。当然、第5類にしても、新型コロナが軽症化するわけではないのです。

そして現実的に、重症者をみるキャパシティはもう枯渇しようとしています。
身の回りの病院で、コロナ病棟の看護師さんが感染し、新規受け入れがストップしてしまう事例が増えています。

看護師さんは、移動の介助や食事介助など、圧倒的に接触が多いので感染リスクが高いですし、
ほかのスタッフも検査で陰性でも濃厚接触者として自宅待機となると、スタッフ不足により一時的に新規患者さんの受け入れを止めざるを得ないのです。

指定感染症としての取り扱いの問題もあると思いますし、
なにより、防げる感染は防ぎましょう。
これに尽きると思います。
重要なこと

「飲食をしながら飛沫を飛ばさない。これが新型コロナを減らすカギです。

家の中で頻繁に手を洗ったり、買ってきたものの外装を消毒したり、帰ったら即お風呂に入ったり、着ていた服を洗濯するといったことは感染予防に貢献する度合いが低いので、手を抜いてよいと思います。また、ハイリスク群のいない家庭で頻繁に窓を開けて換気をしたり、環境を消毒するといったことも、それほど重要な感染対策ではないでしょう。

同居者以外との飲食を控えることにしばらく注力するだけで、感染者は減っていくと考えられます。」

研修医時代にお世話になった坂本さんもすっかりコロナ禍で有名になられました。喜ばないでしょうけど。。。

マスクをせずに話す場面、密になる場面を改めて振り返るとやるべきことが見えてきます。



なお、医療資源の最適化をすればもっとできると考えるのは最もです。

日本では本当に重症な方のみをICUでみる方針なのでベッド数が少なく、集中治療をお手伝いできる医師の多くは他の緊急疾患を扱う科の医師ですし、看護師に至っては一般床からいきなり集中治療への移動は難しいです。呼吸器を触ったこともないという人も多いです。

やってやれないこともないのかもしれませんが、「十分な」医療ではなくなってしまう可能性があります。

心臓カテーテルが広く普及したがために日本中にECMO(この場合は心臓の代わりもするVA-ECMOとして)が拡がったものの、同じ機械でやることだから似たようなものと新型インフルエンザ肺炎へのVV-ECMOをやっていた頃は生存率が35%程度でした。諸外国と比較しても明らかに悪い成績で、その後ECMOプロジェクトなどのおかげで70-80%の生存率まで大きく改善した経緯があります。
今回のCOVID-19においてもECMO装着患者の生存率は諸外国と比較しても良好な成績といえます。(それでも残念ながら亡くなられた方はいますが)

日本全体のCOVID-19による死亡数は3000人ほど
人工呼吸器装着者の死亡転帰は357例
ECMO装着後の死亡数は97例
(ECMO netより)

ECMO装着者の成績が多少悪かろうがおそらく皆様が見る数字に影響はないでしょうけれど、そこを諦めたくはないのです。

大局観で見なければならないこともありますが、やはり1つの命は決して軽くはありませんから
【医療現場から見る新型コロナ】

コレはみんな読んだ方がいい。とても理解できる。

聖路加 坂本史衣先生@SakamotoFumie のコロナまとめ記事。

「日本のICUは年中埋まっており‥いつも満タンに近い浴槽にお湯を継ぎ足すことに似ている。あふれるのは新型コロナの患者さんだけとは限らない」
これは日本の医療機関の特徴と、コロナ感染患者の実情が良く分かる記事です。

ただ、この入院患者の年齢分布を見ると、やはり高齢者が圧倒的に多い訳で、日本のように高齢者優遇策を徹底している国で、将来の年金は貰えない…と諦めている若者の共感は難しいのではないでしょうか?

批判を恐れず端的に言うと、これを見ると、高齢者に対してより行動制約をお願いすべきでは?というのが、正しいと感じます。

あと、日本の医療機関において、ICU設備が全体的に貧弱で、比較的深刻でなくても入院する一般病棟が多いのも、医療の基軸がどこを向いているか?が、欧米と比較して、違う側面が大きいということかと理解します。これは医療行政に関わることであり、今後再考する必要があるのかもしれません。
エビデンス豊富な良記事です。
お忙しい中、感謝です。
日本は、ICUは少ないが病床数自体は世界トップクラス。素人意見ですが、設備投資をして病床をICUに転換することは出来ないのでしょうか?また、現場で戦う方々に依存してしまっている状況から、コロナ対応に協力してくれる病院をいかに増やせるか?が、政治や医師会が取り組むべきイシューかと考えてます。
緩んでいる人も、過剰に反応している人も、参考にしましょう。
「飲食をしながら飛沫を飛ばさない。これが新型コロナを減らすカギです。
家の中で頻繁に手を洗ったり、買ってきたものの外装を消毒したり、帰ったら即お風呂に入ったり、着ていた服を洗濯するといったことは感染予防に貢献する度合いが低いので、手を抜いてよいと思います。また、ハイリスク群のいない家庭で頻繁に窓を開けて換気をしたり、環境を消毒するといったことも、それほど重要な感染対策ではないでしょう」
改めてグラフといまの状況を見て…
現状で重症者が増えているのは若い世代からハイリスク世代への二次感染、という事なんだけども、だとすると何で第二波(と言われている時期)は二次感染が広がらなかったんだろう。
夏に感染してたコミュニティの多くが元々ハイリスク世代との接触が少なかったとか?
第二波と三波は密接に繋がってて、捕捉できずに水面下で増えていく中でハイリスク世代に接触が増えていったから?
そもそもハイリスク世代の活動量が増えた?

夏みたいにリスクの少ない世代で広がる分にはここまでの状況にはならないし(重症者の病床が圧迫されない)何の理由もなくここまで二次感染の割合に差がある事もないだろうから、そこに関して分かってる事と分からないけど強く推測できる事があるなら知りたい所。
知った所で、っていうのはあるかもだけど。笑

ファクターXと呼ばれる部分だったり、まだまだ分からない事が多いし、パンデミックが収まっても真相は掴めず、みたいな事も多いんだろうな…
後でじっくりと読みたい。新型コロナ禍拡大の現状、医療崩壊しつつあると言われているが、そもそもそれ以前はどうだったんだ?という疑問に答えてくれそう
コメントを読む時間があったら記事を読んで欲しい。
とても分かりやすく、実生活にも役立つ内容です。