新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政権による事実と異なる答弁(いわゆる虚偽答弁)に関する質問主意書の答弁が記事になりましたので共有致します。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/203081.htm

2020年11月24日に報告された衆議院調査局の調査に基づき確認したところ、安倍晋三前首相周辺が「桜を見る会」の前夜祭をめぐる費用の一部を補塡したと認めたと報道されている問題をめぐり、 安倍晋三前首相は2019~2020年の国会で、「明細書はない」「後援会としての収入、支出は一切ない」「事務所側が補塡した事実も全くない」など事実と異なると考えられる答弁を少なくとも33回していたが、政府としては事実をどのように受け止めているのか、菅義偉内閣の所見を伺いたい。

2019年11月4日の毎日新聞の報道によれば、第二次安倍内閣が発足した2012年12月から2019年11月の報道までの間で、閣僚の引責辞任や疑惑報道など不祥事が起こる度に安倍晋三前首相から「責任は私に」といった言い回しの発言が49回に渡って国会で繰り返されたとのことであるが、特 段何かの責任を取ることもなく、安倍晋三前首相は辞任した。 責任とは、大辞林によれば「自分がかかわった事柄や行為から生じた結果に対して負う義務や償い。」とされている。また大辞泉によれば「自分のした事の結果について責めを負うこと。特に、失敗や損失による責めを負うこと。」とされており、一般的にこうした解釈であると認識をしているが、菅義偉政権においては「責任」という言葉をどのように解釈され、発言されているのか政府の見解を伺いたい。

安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭の費用について、安倍晋三前首相の公設第一秘書が東京地検特捜部の事情聴取に対し、費用の一部を補填したことを認めた上で、補填した分は政治資金収支報告書に記載しなければならないとわかっていたと供述していると報道されている問題をめぐり、 2020年11月25日に開催された参議院予算委員会において、菅首相は自身の国会答弁について「事実が違った場合は、それは当然私にもこの責任、答弁した責任は私があります」と答弁しているが、費用の補填が事実であった場合にどのように責任を取るお考えであるのか所見を伺いたい。
正直に謝った姿勢は他の政治家や経営者、リーダー達も見習うべき。早く首相に復帰をしてほしい!
桜を見る会とかけて首相退任後ととく。
そのこころは、後の祭り。