新着Pick
561Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経営者にとって最も怖い社内リスクは「噂」。
従業員の口コミはバカに出来ないし、個人間でやりとりされると信用性が高くなる。
これで「ウチの会社ヤバイらしいよ」「社長もそろそろ引責退任らしい」などとやられた日にはたまらない。
だから普通の経営者は「会社の業績(売上や利益)」を共有して、従業員をなだめます。

ー業界がコロナで多大な損害を被っている。
ー従業員が、自主的に話し合い行動する企業文化ができている。
ー経営者のリーダーシップへの信頼が組織にある。
これだけの条件が揃わないと、とても怖くてこう言う「逆張り戦術」は取れないですよね。
会社とリーダーの強さを示す一つの出来事だと思います。
経営状態が悪化していた局面でも、私は、社員には細かくは公表しないでいた。
理由は2つ。1つは、余計な心配をさせたくない。社員の前ではいつも明るく元気で、彼らを勇気づけなければと。
もう一つは、不安になって逃げ出す、つまり転職を考える社員が出てきたらどうしようと。

いずれにしろ、社員を信頼していなかった。過保護の母親みたいに、成長の機会を結果として奪っていたのだろう。
星野さんを尊敬する。
非常に興味深い記事でした。
ここでのポイントは、単に情報共有をする、という技術的問題への対処では機能しないだろうという点です。
つまり、元々メンバーに対して施策だけを下ろしてきた経営者であれば、共有された情報に対してメンバーは「やばい、逃げろ」になるかもしれません。それを避けるために、一緒に考える場を作っていくだけでは足りないかもしれません。
つまり、こうした危機において浮き彫りになるのは、組織の適応課題であり、その意味で、星野さんは日頃から組織の適応課題に向き合ってきたということでもあり、かつ、今回においても、適応課題として取り組まれているということなのでしょう。こうして言葉で語られる以上に、様々なやり取りを通じて、メンバーや事業環境をつぶさに観察している結果でしょう。
トップのとる行動や施策が、「現在の状況が一体何を意味しているのかわからない」という混乱した状況に対して、メンバーが意味を形成する(センスメーキング)のための意味の提供(センスギビング)になっていることが重要であると言えます。ただし、メンバーが「たしかにそうだ」と受け取るか、それとも、「何を言っているのやら」と受け取るか。この差を生むためには、メンバーの生きている世界をよく観察して理解し、そこに対して意味のある言葉で語りかけなければなりません。
そういう果てしない対話的な取り組みが背後にあるのだろうと想像します。
情報の出し方がフォーカスされており、フラットな組織で社員との信頼感その他の蓄積があってこそ成り立つ施策。
経営者は、時には笑って悪いニュースを一人で抱えないといけないこともある。無闇に情報をひた隠すのも、単に情報だけを垂れ流すのも、等しく経営としては失格。
今必要なコミュニケーション。 自律的に動ける組織を作るには、タイムリーな情報共有は必須。 しかもわかりやすくファクトベースで。
本論は置いておいて、

———-
旅行価格がGoToで35%の割引となり需要が拡大するよりも、100%に戻った時のダメージの方が深刻だと警戒している。65%の価格に慣れているため、体感的には100÷65=1.54と、5割の値上げに感じるはずだ。既にキャンペーン終了後も視野にいれて手を考え始めている。
———-

この指摘は業界リーダーとして声を大きくしていただきたいです。実質強力なデフレ状態。消費者が極度のデフレに馴染んでしまうと、その後の値上げ(補助の終了)は困難です。
2月以降の延長については、出口戦略も検討する必要ありです。


しかし、
星野さんで倒産確率40%なら、ホテル業界は平均9割とかになってしまいそうw
そんな高かったら、世の中大変なことになるので、その数字自体があっているわけないですよね。倒産確率というより、ヤバイ指数?本意はどこにあられるのか、ちょっと違和感。
何も知らないまま会社が倒産してしまうよりこっちの方がいいと思います。経営状況を知って辞める人はどちらにしても辞めるかもしれないエンゲージメントの高くない社員で、逆に知った上で会社を救おうとやる気を出す社員もいるはず。
星野社長の発言を聞くとアカウンタビリティという言葉の意味を思い出す。
社長の経営力がコーポレートブランドの一翼すら担っている。
星野リゾートの風土を作っている星野さんだからこそ効く方法かもしれませんね。他の会社でやったら逃亡者続出かもしれませんね。緻密かつ大胆な情報設計をされてると思います。これができる星野リゾートは強いですね。社員も経営の一部自分事化ができる効果が期待できるからです。
未来の見通しがつかない状況でのコミュニケーション

①トップダウン→方向性を明確に伝える

②オープンな情報共有→一人ひとりが考える余白をつくる+必要性を伝える

この2つを両立しチーム内に不安がでないようにすること。

星野社長のバランスの良さが理解できる良記事