新着Pick
344Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フレームワークは、私の使い方は何か分析したり、ロジックを考える際に
「視点に抜け漏れが無いか」
「気付いていない要素は無いか」
をめちゃくちゃ初期的に確認する為に使う程度です。

(ちなみに、ロジックツリーとかピラミッドストラクチャーはフレームワークというより、思考、ドキュメンテーションの方法であって、フレームワークという意識はないです)

3C、4P、7S、PEST、SWOT、PPMとか色々ありますが、例えば「ヒト・モノ・カネ」みたいなフレームワークも「ヒト・モノ・カネ・データ」になったり、AIDMAもAISASに変化したり、時代と共に変わったりします。

今やドヤ顔でフレームワークを使ってクライアントに説明するのは恥ずかしさすらあるので、あまり使いませんが使うとしたら
「自分の伝えたいメッセージが、クライアントに伝わりやすいように」
ですね。

例えば先ほどの購買行動のフレームワークであるAIDMAの例ですと
「SNS上での拡散力が競合に比して弱いから強化すべき」
というメッセージを伝えたいのであれば、AIDMAではなくAISAS(search、share)を使って説明する、みたいな感じでしょうか。

自分の思考の整理、メッセージの伝わりやすさ、それ以上で使う事はあまりないので
「外部環境分析をする時の視点は、PESTが便利なんだな」
とかその程度のツールという理解で良いのかと思っています。
帰納・演繹については、義務教育にするべきだと思います。

わける、つなぐという平易な言葉にするのも良いと思うのですが、

普通に帰納・演繹のどちらから今思考しているか、収束させようとしてるのか発散させようとしてるのか、を認識することは、誰にでもトレーナブルだと思うので、皆ちゃんと学ぶと良いと思います。

考え方を考えることに意識を向ける時間がキャリアの初期にあると良いかと思います。
フレームワークは使えてナンボ。「知っている」レベルだと実際には全然使えず、何回も当てはめて、悩むことで、使えるようになっていくもの。またそのなかで限界含めて、どこまで使えるか、どういうときに適しているかなどの理解も深まる。

世の中は複雑。複雑だから難しい中で、思考を効率化させるためにフレームワークを使って変数を絞る。そうするとある程度は説明できたり、次のステップが見える。
一方で、複雑だから、フレームワークで世の中を理解できたと思えば大体勘違い。フレームワークで表現をできていない部分が現実にはあり、そこへの探求が次のステップ。そしてそれらすべて合わせていって、実際にフレームワークを使えるか、フレームワークで課題解決をできるか、という話につながっていくと思う。

その観点で、多くのフレームワークを使うより、使えそうと信じているものを使い倒して身に着けることが個人的には重要だと思っている。
そもそも知っていることも大事だが、数多あるフレームワークをどの場面で、どのフレームワークを選択し、どのように用いて活かすのか、真の有意性を理解していない状態で使い続けている人は本当の効果を享受できていないと思う。フレームワーク好きな、単なる残念な人になっている…。フレームワークは便利ツールだが、直接"答え"を導くものではない。言われている通り、"わける"と"つなぐ"という作業を効率的に行うことができるものである。現在把握している様々な事象から根源的な問題を特定化することや、前例が無い難解な問題を紐解く上で立てる"仮説"を検証して事実に近い仮説を整理することには役に立つが…ここで作業は終了しない。フレームワークは使い熟すまで、その真の有意性を体感できない。有意性を肌で感じられるレベルまで到達したら、是非、作る側に立って自身の視点や思考のアプローチをカタチに転換することを楽しんで欲しいと思う…。
フレームワークは、ビジネスの共通言語くらいと思っていればいいのではないでしょうか?せっかく知っているのであれば、積極的に様々な仕事の場面で持ち出して使ってみると、(本当に)使えるようになってきます。

新卒でコンサルに入社をした際に以下の2冊が最初の課題図書として提示されました。
●「考える技術・書く技術」バーバラ・ミント著
●「問題解決プロフェッショナル」齋藤 嘉則著

どちらもコンサル(だけでなく全てのビジネスパーソン)にとって基本原則となる考え方を学ぶことができた名著ですね。
そもそも、SWOTをこの4象限ありきと思ってしまうことが、違っていると思います。
・強みで、機会をどのように活かすのか
・強みで、脅威を乗り越えられるのか
・弱みで機会をのがさない策はあるか
・弱みで脅威が降りかかる環境で破滅しないための打ちてはあるか

といった論点を考えることにこそ意味合いがあるのだと思います

ですから、フレームワークは便利で、解決にいたる、考えを広げ深め選択につなげる、道具にはなりますが、
いま、とりくむべきことの本質はなにかを考えなければ、
”使えない”ということになる

ということと思います。
あいまいな表現が多い日本語という言葉の特性もあるよな…とよく思います。np → ニュースアプリ → メディア のようにグルーピングを考える(逆の流れも考える)クセをつけることが抽象的な言葉をうまく使うための第一歩だと感じます。
レベル1:無意識的無能
レベル2:有意識的無能
レベル3:有意識的有能
レベル4:無意識的有能
成功を繰り返せる人を育てるために使うフレームワーク。人材育成に必要不可欠なアプローチ。しかし、本当はフレームワークを創れる人が喉から手が出るほど欲しい。この能力はほぼネイティブだと感じるから。
フレームワークは「道具」なので、適切な使い方を知らない人は、いくらよい道具でも使えませんし、効果もでません。

ノコギリは、ものを切ることは得意ですが、ノコギリで釘を打っってもうまくいきませんよね…でも、世の中では、実際、そういったことが、たくさんあります。

あと、フレームワークの、もうひとつの罠は…フレームワークで導かれるものは、あくまで「参考」であり、それから答にするには、自分の「直観(インサイト)」が重要だということです。

フレームワークだけで答がでたら、コンサルは不要ですよね。笑

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません