新着Pick
229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ポリオや麻しんに対する生ワクチンのように有効性がきわめて高いとは予測しにくいので、決定打とまではいかないのは確かでしょう。
しかし、ユニバーサルワクチン(みんなで予防接種をして病気を予防するという意味)となるのならば、その有効性にもよりますが、きっと大きな武器になるはずです。
ワクチンがあっという間に世界を救うというのはあまりに楽観的すぎると思いますが、ワクチンができても何も変わらないというのは悲観的すぎると思います。現実はその間のどこかだと思いますし、ワクチンは確実に人類の助けになってくれるはずです。

なお、米国CDCはワクチンの有効性が50%を上回れば有効なワクチンとして承認する計画を示しています。ワクチンの有効性としては、感染予防だけでなく、感染した方の重症化予防や致死率の低下などの効果も期待されます。

あらゆる数字が0や100にならないのは確実ですが、有効なワクチンが確立されれば、恩恵を受けることも間違いないと思います。

身近なインフルエンザの例を見れば、最も有効な対策は、ワクチンに他なりません。タイトルに引っ張られる形で、安易に軽視や極端な悲観視もしないでいただければなと思います。
ビルゲイツも、先日、コロナのワクチンは第2世代にならないと使い物にならず、少なくとも来年の夏までは無理って言ってましたよね。
https://www.zerohedge.com/geopolitical/bill-gates-warns-world-wont-return-normal-until-second-generation-covid-19-super
救うという定義があいまいなので、なんとも評価しにくいですね。
ちなみに、先般上方修正されたIMFやOECDの経済見通しでも、2021年時点での市場レートベースの実質GDP水準はコロナ前に戻らないことになっています。
コロナウイルスは、終息ではなく収束するものだと理解しています。だとすると、結局は人が持つ本来の抵抗力と、それをサポートするワクチン。そして、治療法の確立だと理解しています。
一つの利器が全てを解決すると思うのは間違いだと思います。
「世界経済救えない」の意味がよくわからんのですが、記事中の「新型コロナ前ないしトレンド成長に実際に戻るという点に関しては、1年余りかかる可能性がある。」ということを指しているのかな。だとすると珍しいことじゃないけど、すごい釣りタイトルです。1年余りでコロナ前に戻ったら、救えたどころか大勝利じゃないですか。つまりコロナワクチンには大いに期待が持てるということですね。
私の保有銘柄でも欧米、特に欧州のエクスポージャー高い会社の株はこの2週間ほど弱含んでますね。業績の回復度合いの期待値が下がってきているのでしょう。

山田先生が仰っている通り、ワクチンが出来てもウィルスが消える訳じゃないけど、ワクチンがないよりは格段にいいので、あとはタイミングの問題かと思ってますけどね。
コロナの機序が想定と違うのではないかという研究も出てきましたねー。実はサイトカインストームではなかったと

https://youtu.be/NZZLO5YvbE4
日本にいるとなかなか実感しなくなってきましたが、世界では感染拡大の勢いは止まらず、さらに深刻化しているわけですが、それだけでなく収束と経済復活の出口も見えてない。公的マネーによる経済対策もバブルのように膨らんでおり、いつ弾け飛ぶかわからない。そうこうしているうちに、次の予期せぬ禍が訪れる。

今、世界経済は立ち振る舞いを問われているでしょう。「景気後退」ではなく、バネのようにうまく「屈む」ことで、未来に向けた伸縮性のある経済を築いていきたいものです。その鍵は、統合思考経営にあると思います。自社の利益の追求だけを志向する経営だけでは社会全体の弾性力を担保できません。
いずれにしろ様々な状況に対応できる構えにしておくということが重要かと思います。