新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
重量物を積んで低速から加速する様を見てみたいものです。
斎藤さんもおっしゃってますが、
トラックの車両総重量は制限があるので、自重によって積荷が減ります。36トンは車両総重量の話です。

なので、荷物を運ぶのが目的のトラックで自重を公表しないってのは悪いジョークとしか言えないんですよね。

まぁ自重がヤバいくらい重いので公表しないってのはわかってますが。

36トン積んで高性能、なんて騒ぐ記事はアホ過ぎて話になりません。
「ESG広報費用」だと自分は捉えている。
https://newspicks.com/news/2647257

トラックはダウンタイムを下げることと燃費・電費が重要。充電は、時間がかかるし、電池は重い…おまけにいつ納入されるのか分からないもので、それに依存した物流投資・計画は立てられないわけで。だからTeslaというブランドも使った「広報費用」という捉え方。
物流トラックという観点では、燃料電池であれば固定的な路線であればそこに充填インフラを作れば使える(工場オンサイトのフォークリフトはすでに始まっている)。その観点では、GMが提携したNikolaのFCVの方がコンセプト的には合理的(それ以外の問題は多いし、Nikolaが実現できるかは別だが…)。
ここらへんのトラックのFCV化については下記などでコメントしてきた点。
https://newspicks.com/news/5085351
運転席がロマンスカーの先頭みたいですね。バッテリーも含めたこの重量でぶつけられたらと想像すると。。安全対策にも期待です。
従来のトレーラーと比べると加速が亀とウサギばりに違う。必ずテロリストが殺傷能力に目をつけそうなので、破壊行為防止の制御装置も完備したうえでリリースしてほしい。運動エネルギーの98%をバッテリに回収可能な回生ブレーキってのもすごい。
ここでもアマゾンに対抗ですねぇ
すご
時価総額
71.0 兆円

業績