新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2019年に中国のEVの普及率は4.7%で、25年には25%まで引き上げるという計画がある。
3000万台の25%なら750万台となる。
このような投資なら中国の国策に沿っているし、売れるとも思われる。

問題は、日本企業。
三菱自動車もEVを作るが、一台たりとも中国には売らない。
トヨタや本田はすこし違い、EVも中国では作る。
しかし、量は欧米系と比べると、一桁は小さい。
数字の確認。
まず、VW全体として2024年の5年間で600億ユーロ(約7.2兆円)の投資を、EVなど中心に世界で行うと2019年11月に発表(①)。そして②でコメントしたが、VWグループ全体の販売台数は約1100万台、VWブランドで782万台で中国が410万台。
この数値を考えると、本丸の「EV」AND「中国」という領域で150億ユーロ(約1.8兆円)という数値は何の不思議もない規模。
なお、記事に出ているJACは、元々VWがJVを組んでいる上海汽車(SAIC)と第一汽車(FAW)に加えて、2017年くらいからいろいろ資本関係生まれ始めた(③、④)。李克強首相の出身地の安徽省が本拠で、EV特化文脈。

https://newspicks.com/news/4388262
https://newspicks.com/news/5249069
https://response.jp/article/2017/06/06/295762.html
https://newspicks.com/news/4948181
①VWの急速なEVシフト
・2029年までにグループ全体で75車種のEVを導入。
・2025年には150万台のEVを生産する予定。

②中国は最大のEV市場
・世界のEVの半分は中国で売れている。
・VWは世界販売の4割が中国。

上記を見ればVWが中国のEVに投資するのは当然です。
一方で、米中対立のリスクを最も抱えている自動車メーカーでもあります。

今年から中国での現地生産でモデル3が売れまくっているテスラも同じリスクがあります。
フォルクスワーゲン(ドイツ語: Volkswagen AG)は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車製造会社。傘下であるポルシェをはじめ、傘下の会社を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 ウィキペディア

業績