新着Pick
174Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファーウェイへの半導体供給規制の抜け道を防ぐためには、これは既定路線ではある。米国の産業界との調整プロセスが必要だっただけのこと。

あくまで輸出管理なので、「中国国内の企業までアメリカは管理監督する」という指摘は当たらない。中国も中国版エンティティリストを作る。

また「最初は米国企業で、そのうち米国以外の企業も」というわけではない。当然、米国の再輸出規制はかかるが、それを越えて日本も同じように規制するわけではない。

因み、軍民融合と言っている中国に対して、従来型の軍事転用があるかどうかでの輸出管理の運用方針は意味がないので、これを変更する旨、米国は5月に明確にしている。

以上3点、誤解が散見されるので指摘しておきます。
9月上旬くらいから報道は出ていた(①)。そして規定線だと思う。

Huaweiに代表されるように、最初はTSMC、その後SamsungやHynixから調達できなくなり(②)、キオクシア(旧東芝メモリ)も同様(そしてIPOにも影響しそう、③)。
そのなかで、中国のファンドリートップのSMICをどれだけ進化させることができるかが中国の半導体にとっては生命線。であれば、そこに装置・材料を売れなくするのは、息の根を断つという点で当然やる一手。Huaweiでもあったように、最初は米国企業(なのでAMATやLam、KLAなど)、そのうち、それから当初から米国以外の企業(ASMLや日本のTELなども)も関わってくるだろう。

なお④~⑥でコメントしたように、輸出規制強化される前からプロセスルールでは圧倒的に負けている状態。プロセスエンジニアリングの技術者・蓄積がないと、装置・材料だけでできる世界ではない。

https://newspicks.com/news/5206428
https://newspicks.com/news/5213624
https://newspicks.com/news/5257148
https://newspicks.com/news/5223095
https://newspicks.com/news/5102473
https://newspicks.com/news/4913682
中芯国際集成電路製造(SMIC)は上海にある中国系半導体企業。
技術の一部はアメリカから導入している。
中国国内の企業までアメリカは管理監督する、さすがすごい。
要するに、米国は中国の先端技術開発のスピードを遅らせるためなら、何でもやる。そうしないと、米国の覇権が危ないという強烈な危機感を持っている。すなわち、今後も宇宙、量子技術、AI、それに関連する人材の交流など、幅広く個別企業への制裁対象は広がっていく。日本企業も中国と合弁していると危ない時代に突入している。
ビジネスはお互いに無い物を補う事で双方依存しながら
共存共栄な関係が作れます!今まで中国に無いからアメリカや日本から仕入れお互いwinwinな関係を築いて来ました。今、中国は国家主導で半導体の研究開発に相当力をいれています、今すぐ作れないかもしれませんが、もしいつか全部中国国内だけで作れるようになったら、日本を必要としなくなり大きな取引相手を失いかね無い。
そりゃそうなりますよね。
これまでの規定通りの動向。