新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SMICは中国系のファンドリー(製造専門の会社)。ただプロセス(製造できる回路の細かさ)としてはTSMCが7nm量産している中で、まだ1X~2X世代だと思い、2・3世代遅いと思う。
半導体の進化がIT産業の進化を支え、それはこの微細化によって進められてきた。同じ回路を細く書くことで、使うウエハを小さくでき(コストダウン)、電気信号が伝わる距離も短くできる(回路損失の低下=省エネ)。逆にHuaweiがSMICしか使えないとなると、半導体の性能としてはもう5年くらい前に戻るということ。
そして22億ドルというのは、半導体産業の中では小さくない金額ではあるが巨額ではない。TSMCの年間投資額は100~150億ドル(なのでTSMCの米国への進出も、下記にコメントしたように年額で考えるとそこまで本気ではない、という所感になる)。
規模でもプロセスでも厳しい。まあお金は中国の場合はほかのハイテク産業でもやってきたように必要ならいくらでも投じるが…ただ装置を買えるかという問題がある。またTSMCに唯一対抗できる可能性があるのはSamsung(資金とプロセス面、プロセス面ではTSMCの方が一般論としては有利だと思うが)。でもSamsungがHuaweiからの受託生産を受ければ、それは米韓関係が一気に悪化するしプレッシャーがかかるということでもあると思う。
https://newspicks.com/news/4905291
米商務省が、華為技術への輸出規制を強化し、台湾のTSMCが同社からの新規受注を停止したタイミングで、中国の政府系ファンドも自国の半導体受託生産大手のSMICに22億ドルの出資を取り付けた模様。
いよいよ、SMICが、TSMCのライバルになるか。
あと、長江もファウンドリやるかもね。

業績