新着Pick
944Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Netflixの考察をDHBRに寄稿してつくづく思ったのが「We want to entertain the world」のためにこの会社がどれだけ人と文化に投資をしているかということ。広告モデルはずっと言われており、やれば利益もすぐ何倍にもなると思うが、「本当の顧客」がわからなくなり、かつ広告営業部隊をもつことで今の文化が維持できなくなることをヘイスティングスは嫌っているのではと推測します。赤字のDVDの時代から、封筒にもホームページにも広告は入っていなかったので。

参考まで
https://www.dhbr.net/category/what_you_can_learn_from_Netflix
ネットの世界でも、そろそろ差し込まれる広告にうんざりしている利用者も多いことだろう。私もそういう一人だ。ネット広告も、TV広告を金額で凌ぐところまで成長したが、その成長も鈍化していくだろう。これからは、ネットという巨大メディアの中で、コミュニケーションのダイバーシティが進んでいく。Netflixのような広告モデルに頼らない課金モデルが誕生しながらも、古巣のネスレは大ヒットした"愛の不時着"に、キットカットとネスカフェ・ドルチェグストを効果的にプレイスメントしていた。日本のキットカットが世界的に有名になって、インバウンドで訪日外国人のお土産No.1ブランドになり得たのも、YouTube内で展開してきたショートムービーによるところが大きい。21世期のネットでのブランドコミュニケーションは、宣伝モデルからニュースとPRモデルに移行していく。
フォートナイトのようなゲーム上もうそうだが、ネットフリックスのように人が集まる場、コンテンツには広告は入りうる。ただし、広告は従来のようなモデルではなくコンテンツに溶け込んだ形で視聴者に自然にリーチするあり方が間違いなく主流になる。今後は広告市場全体としては縮小気味なので、強いコンテンツを作れるか、フォートナイトのような強いプラットフォームを持てるか、の2択になってくると思われる。
Netflixが根本的に大事にしているのは、顧客へ提供する体験=エクスペリエンスであり、その結果としてのエンゲージメントでしょうから、それらを損なう形でのTVCMやそれをベースとした広告モデルを受け入れないというのはとてもわかりやすい。

TVCM的な広告はないにしても、本記事で紹介されているプロダクト・プレイスメント(コンテンツに完全に同化したブランド商品の紹介)や、あるいはコンテンツの外での優良なスポンサードコンテンツ(たとえばホーム画面の中にブランドコンテンツとしてショートムービーが並んでいる)なら考慮の余地があるということでしょうか。

いずれにせよ、こうしたわかりやすい目の前の利益にとびつかずに中長期的な顧客への本質的な価値にフォーカスし続けるのは、言葉でいうより圧倒的に難しい。Netflixがそうしたステークホルダーからの圧力(が実際にあるのであれば)にどう対処していくのか、興味深いです。
デジタルプロダクトプレイスメントはビジネス的には面白い話だが、視聴者からすると何のメリットもない。それどころか「広告かどうか分からない」という点においては、通常のCMよりたちが悪い。

従来型プレイスメントの代表とも言える「007」では(プレイスメントと分かった上で)ジェームスボンドがアストンマーチンに乗り、オメガの時計をするシーンに痺れ、ブランドに感情移入できた。
これがこの記事に書かれているように、必然性もなく映画の背景にブランドのサインボードが映っていたり、これ見よがしにビールを飲んでいたりしてら顧客の心にブランドは届くのだろうか。(せいぜい認知度向上程度だろう)

黒澤明監督は、実際のカメラに映らない部分にも徹底的にこだわったと言われますが、映像の一部に、視聴者に気づかれないように広告を紛れ込ませるかのような手法は作品自体の価値が落ちるように思います。
映画のコンセプトやシーンに合わせて商品を選定する。それがどんな商品であってもいいという訳ではない。AI広告でシーンにいろいろな商品を挿入するというのはどうでしょうか。

Macのパソコンはさまになるが、他社製品だと厳つくなってしまう。ましてカラートーンを重視している作品の場合には、違和感ばかりが際立ちます。
Netflixの契約者数は、全世界で今年中に2億人を突破するとの声があるほど勢いが止まりそうにないです。

映画やドラマを好む視聴者はCMが嫌いであることを広告主もメディアも理解はしていると思います。

大ヒット映画やドラマを作るためには予算が多く必要になることは自明です。

NetflixもCM入りの無料プランをつくれば、年間60億ドルの視聴料収入のほかに、10億ドルの広告収入を得られる予測が立てられるそうです。

しかし、Netflixはそれをせず、広告市場の業界動向と視聴者(消費者)の好みを理解し、マネタイズしながら同時にブランディングも図ってく経営はとても参考になりますね。
ユーザーの「視聴エクスペリエンス」を最も大切な経営哲学のひとつとしている点こそが、ネットフリックスから学ぶべきこと。
サービスを通じて、その姿勢に矛盾がないことが伝わってくる。

「ネットフリックスが広告枠を売り始めるという憶測を目にしたら、嘘だと確信していい」
と、リード・ヘイスティングス共同CEO。
有料サービスだから広告が入らない、というのは日本人の感覚に過ぎません。アメリカは有料ケーブルテレビでもガンガン広告が入ります。
mirriadがNetflixに使われているのは嬉しいニュース。2014年ごろに研究していましたが、プロダクトプレースメントとしてかなり優れたテクノロジーです。
体験に優れたマーケティングならNetflixがマネタイズに使う可能性は充分あると思いますが、彼らの巨大ビジネスにどう影響するか?と言われると微妙なので、マネタイズのためではない使い方をするために買収されそうだな、と思います
"「消費者にとって新しいタイプのエクスペリエンスを作る」と、ミリアドのステファン・ベリンガーCEOは語る。"
「プロダクト・プレイスメント」この手法を好む広告主は増えてきてます。実際にYouTubeのチャネル上でも単なるタイアップ広告でもTrueViewでもなく、特定のチャネルでプレイスメントの手法でマーケティング活動していたりしますね。
この連載について
次世代のビジネスリーダーのためのグローバルメディア「Quartz」から厳選した記事をNewsPicks編集部がお届け。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
22.9 兆円

業績